ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市教育委員会 > 福山市の教育 > 福山100NEN教育 > 21世紀型ティーチャーズ・プログラム

21世紀型ティーチャーズ・プログラム

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月4日更新
 「21世紀型ティーチャーズ・プログラム(以下TP)」とは,グローバル企業等で活用されている人材育成の手法や考え方を取り入れ,一般社団法人「ティーチャーズ・イニシアティブ」が開発した教職員研修プログラムです。指導方法などのスキルを学ぶ研修ではなく,教育の課題や未来について考え,子どもが学ぶメカニズムの理論や実践等を通して,教職員自らが「主体的・対話的で深い学び」の実践者となることを目的としています。
 今年度,教育委員会の研修として導入し,各中学校から希望した35名の教職員等が受講します。
 福山100NEN教育4年目を迎え,多くの先生が「子ども主体の学び」とは何か,教師はどのような役割を果たすのか,日々の授業を通して考え始めています。そんな今だからこそ,本プログラムを通して,学びの面白さやみんなが違う素晴らしさを実感することができると考えています。
 約8か月にわたる「21世紀型TP」の様子を紹介していきます。