ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市教育委員会 > 福山市の教育 > 学校教育 > 自ら選び,やってみました!~チャレンジ1・2~

自ら選び,やってみました!~チャレンジ1・2~

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新

自分で選び,やってみました!~チャレンジ1・2~

   福山市立学校のみなさんから,臨時休業中に「チャレンジ」したことが続々と届いています。

   このページでは,届けていただいたみなさんの作品をご紹介していきます。 

 

チャレンジ作品等 学校 学年 名前 感想・内容等
作品81

学校 竹尋小学校

学年 1年1組

名前 渡邉 悠生

感想 ねんどできょうりゅうづくりをしました。
    エラスモサウルス,ティラノサウルス,
    サルタサウルスなどをつくりました。
    ほかにも,はるみつけをしたり,アサガオ
    のめやカブトムシのようちゅうの大きさを
    しらべたりしました。

作品80

学校 竹尋小学校 

学年 2年1組

名前 平野 葉菜

感想 牛にゅうパックをつかって,いきをふきこむと
    てぶくろがモコモコふくらむおもちゃを作り
    ました。牛にゅうパックにえをかいたり,しきし
    をはったりして,くふうしました。

作品79

学校 竹尋小学校

学年 3年1組

名前 渡邉 奈津子

感想 色紙で,万華鏡を作りました。列ごとに,色を
    同じにすることできれいに見えるようにしました。
    一つ一つ重ねていくことに時間がとてもかかり
    ましたが,最後完成した時はとてもうれしかった。

作品78

学校 竹尋小学校

学年 4年1組

名前 大木 栞

感想 みそ汁,めだまやき,たまごやき,スクランブルエッグ
    など,料理のレシピを作りました。ざいりょうや作り方
    の手じゅんをイラストをかいてまとめました。

作品77

学校 竹尋小学校

学年 5年1組

名前 小林 美晴

感想 着られなくなった服をリメイク!
    着られなくなった服を切ってぬって,きんちゃくぶくろ
    を作りました。きんちゃくのひもも服で作りました。
    手ぬいでするのは大変だったけど,とても上手に
    できましt。

作品76

学校 多治米小学校

学年 1年1組

名前 しばた わこ

感想 「わこテーレビ」は,かおをだして,なまちゅうけいが
    できるところが,きにいっています。
    「わこすいぞくかん」は,おおきいすいそうにしたかった
    ので,おりがみをきってつなげるのがたいへんでした。
    「くまのぬいぐるみ」は,まえからおさいほうをやって
    みたかったので,チャレンジしました。ぬうのが,
    たのしかったので,ほかのものもつくってみたいです。

作品75

学校 多治米小学校

学年 1年3組

名前 れん

感想 カブトムシのせいちょうのえをかくのがたのしかったです。
    むずかしかったところは,おりがみでカブトムシのつのを
    おるところです。このカブトムシが,たまごをうんだら,
    またそのたまごをそだてたいです。

作品74

学校 宜山小学校

学年 1年2組

名前 佐藤 聖真

感想 「まあくずかん」
    ちずきごうをかいたり,おうちのなかにある
    まあくをさがしたりしたよ。
    いろいろなまあくがあることがわかりました。

作品73

学校 宜山小学校

学年 3年2組

名前 佐藤 昭仁

感想 ズボンづくりにチャレンジしました。
    お母さんが作ろうとしていたので,ぼくもいっしょに
    作ろうと思いました。
    ぬう前の糸通しが出来るようになりました。
    思っていたより大へんだったけどがんばりました。
    かんせいしたときは,うれしかったです。

作品72

学校 蔵王小学校

学年 5年2組

名前 宮下 真緒

感想 私はずっとやってみたかった漢字組み合わせゲー
     ムの本を作りました。
     内容は都道府県の漢字の”へん”や”かんむり”
     ”つくり”等を組み合わせて完成します。
    もう一つは絵にあった感じを四角に当てはめるゲ
     ームです。
     これは,都道府県の復習にもなるし,絵合わせは
     一年~四年の漢字の復習にもなります。
    やってみて大変だったけど,楽しくできました。
     また,問題を作って本にしたいです。

作品71

学校 蔵王小学校

学年 5年1組

名前 小畑 美遥

感想 たくさんの情報があったので,それをうまくまとめる
    のがむずかしかったです。調べていくうちに,色々な
    ことが知ることができて良かったです。

作品70

学校 蔵王小学校

学年 5年1組

名前 藤井 晴仁

感想 調べた中で一番大変だったのは,数字の入った四字
     熟語です。
     一の入っている四字熟語がたくさんあり,どれを選ぼ
     うか迷いましたが,自分の好きな意味のものを選びま
     した。
     オノマトペ集めでは,国語辞典には載っていなかっ
     たので自分で一生懸命考えました。

作品82

学校 蔵王小学校

学年 6年1組

名前 高橋 碧生

感想 結晶の中に何種類にも円があっておどろいた。
     休校中だったので家族とも話し合いながらできたので良
     かった。

作品69

学校 川口東小学校

学年 2年2組

名前 藤村 妃織

感想 「いろんなくにのあいさつ」
    いろいろな国のあいさつについてタブレットを使って
    しらべました。
    いろいろなことばがあるんだなと思いました。

作品68

学校 川口東小学校

学年 2年2組

名前 川端 康誠

内容 「恐竜図鑑 最新研究」
    まいにちのように図鑑を見ていて,恐竜が大すきです。
    はくぶつかんにも行ったこともあります。恐竜の色を
    ぬるのを工夫しました。口の形がむずかしかったです。
    書きためていたものに書きたしてかんせいしました。

作品67

学校 川口東小学校

学年 2年2組

名前 中込 志織

感想 「こどももかんたんにつくれるクッキングレシピ」
    ともだちのおねえちゃんといっしょに作りました。
    とくに,かんてんゼリーは,かんてんがかたまって
    こりこりしていておいしかったです。きれいに
    くだものをならべて作りました。作るとき,ほうちょう
    でくだものをきるのがむずかしかったです。
    かぞくみんなの分を作りました。

作品66

学校 城南中学校

学年 1年

名前 友宗 健太

感想 先生から借りた料理本を参考にして,簡単なおかず作りに
    挑戦しています。まずは,自分のつくり方を自分なりに
    メモをして,家でチャレンジしたいと思います。
    今回は,材料があれば,中華風コーンスープをつくりたい
    です。

作品65

学校 幕山小学校

学年 4年1組

名前 窪田 侑輝

感想 「しょう来,自分が住みたい家」を作りました。
    まどをフィルムではって,さいげんしたり,
    はったまどを白くしました。完成まで長い時間
    がかかったから,完成した時,うれしかったです!
    もけいを作ることがとてもおもしろくて,とても
    楽しかったです!

作品65

学校 幕山小学校

学年 5年2組

名前 杉野 想叶

感想 去年の夏休みに,布を使ってざぶとんを
    つくってみました。とても楽しかったので,
    また,何か作りたいと思っていました。
    お母さんが「今度はフェルトを使って何か作ってみたら」
    とアドバイスしてくれたので,挑戦してみました。
    作るたびに楽しくなってきたので,いくつもの
    作品を完成させることができました。

作品63

学校 赤坂小学校

学年 2年1組

名前 中本 ちな

感想 ティッシュペーパーのあきばこを見て,ギターを作る
    のを思いつきました。音がきれいなギターを作りたい
    と考えました。いろいろな音が出るギターができました。

作品62

学校 津之郷小学校

学年 4年

名前 柴原 悠羽

内容 ジグソーパズルの作るコツ
    ・わくからつくる
    ・文字やキャラクターの顔などわかりやすい
     ピースから作っていく
    ・そのほかのピースも色でなかまわけする
    ・ピースの大きさは,大きい方がかんたんに
     できる
    ・パズルのできあがりの絵をよく見る
    ・ピースの形をよく見る
    さいごの1ピースがはまったらすごくうれしい。
    たっせいかんがある。

作品61

学校 山手小学校

学年 1年2組

名前 正木 湊真

内容 すごろく・サイコロづくりチャレンジしました。
    マス目を折り紙でカラフルにして,ポイント
    には,山手小学校のキャラクター「やまてん」
    がいます。そのポイントにとまると,下に
    説明が書いてあります。
    サイコロやコマは牛乳パックを再利用して
    作りました。また,台紙も紙袋の再利用で
    作っています。

作品60

学校 川口東小学校 

学年 1年1組

名前 丸山 凜太郎

感想 ぼくは,カブトムシがだいすきです。
    いえでかっているカブトムシがさなぎになりました。
    ほんとうは,ヘラクレスオオカブトがかいたいので,
    じぶんでつくってみました。
    くふうしたところは,かみをかさねて,つよそうに
    みえるようにしたところです。

作品59

学校 南小学校

学年 1年A組

名前 井川 蒼

感想 マスクとリカちゃんのドレスをつくる
    ことにチャレンジしてみました。
    むずかしそうだったけど,おかあさん
    がマスクをつくっているのをみると
    わたしもつくりたくなりました。

作品58

学校 南小学校

学年 1年A組

名前 粟村 幸太

感想 しんぶんでみたナガミヒナゲシを
    つうがくろやしょうがっこうで
    みつけました。もくげきじょうほう
    をぼしゅうしていたので,メールを
    おかあさんとおくりました。

作品57

学校 南小学校

学年 6年B組

名前 檀上 渉

感想 コロナウイルスのせいで,マスクが不足
    しているので,自分に今できることを
    考えた時に,マスク作りに挑戦しました。
    ガーゼがお店で品不足だった時には,
    学校の夏祭りでもらった手ぬぐいを使い,
    ガーゼの代わりにし,プリーツマスクを
    作りました。がんばったのは,鼻の所に
    ワイヤーを入れたり,アイロンをかけたり
    して,心をこめてつくりました。一枚約
    三時間かかりました。
    プリーツマスク以外にもたくさんのマスク
    をつくり,親せきや学校の先生にマスクを
    プレゼントしました。みんな喜んでくれた
    のでうれしかったです。

作品56

学校 西深津小学校

学年 1年1組

名前 竹内 悠真

感想 パパといっしょにトンカチとクギ,
    はいざいをつかってつくりました。
    ノコギリをつかって木もきりました。

作品55

学校 光小学校

学年 1年1組

名前 小林 瑞季

感想 おかあさんが,マスクをつくっていたのでつくりました。
    おかあさんはかんたんそうにしていたけど,「ぬいさし」
    や「おもてにひっくりかえすところ」がむずかしかったです。
    マスクをじぶんでてくってみると,コロナにまけないきもち
    がつよくなるかもしれないとおもいました。

作品54

学校 光小学校

学年 2年2組

名前 小林 瑛典

感想 ぼくは,わくわくするきもちでかごづくりをしました。
    おかあさんがかごをつくっていたから,ぼくもかごを
    おなじようにつくって,みんなにもつくりたいきもちを
    もってほしいです。
    ぼくのだいじなサッカーボールとかたいせつなおもちゃ
    をいれたいなと思いました。
     せいかいに一つだけのぼくのかご。
     つくってかんせいさせたから,ものすごいうれしいです。

作品53

学校 光小学校

学年 1年2組

名前 前田 晴貴

感想 折り紙を使って「どんぐり村のぼうしやさん」の絵本の
     表紙をつくりました。工夫が大好きなので作っていてとて
     も楽しかったです。

作品52

学校 光小学校

学年 1年1組

名前 林 紗江

感想 おかあさんとれんしゅうしたあやとりをひとりでやってみました。
    「ゆみや」「つりばし」「かわ」「さんたのそり」
    「まめでんきゅう」「おおきなやね」「あげはちょう」
    などいろんなものをつくりました。
     むずかしいものもあったけど,ぜんぶできました。

作品51

学校 光小学校

学年 3年2組   5年2組

名前 佐藤 充長  佐藤 万智

感想 教育長のメッセージを読んで,兄弟3人で遊べるものを作
     ろうと思いました。
    電車がすきなので,「はやぶさ」「やまびこ」「つばめ」
    「ドクターイエロー」などの新幹線の名前を使ったコマと,
     線路のすごろくを作りました。

作品50

学校 旭小学校

学年 2年A組

名前 高橋 瑞季

感想 カラフルな色でぬれました。
    うれしかったです。

作品49

学校 深津小学校

学年 5年1組    3年1組

名前 松浦 幸愛  松浦 友愛音

感想 理科で天気の学習をしたので,長い休みを生かして
    1か月お天気調べをしてみました。
    自然と空を見上げて雲の様子をみたり,風の強さを
    感じたりするようになりました。
    規則正しい生活もでき,毎日続いて良かったです。

作品48

学校 鞆の浦学園

学年 1年

名前 西 健太

感想 ふうりんをきれいにつくりました。

作品47

学校 鞆の浦学園

学年 2年

名前 中道 智美

感想 わたしは,ずっとようせいにあいたかったの
    ですが,なかなかあいにきてくれません。
    そこでようせいについてしらべることにしました。

作品46

学校 鞆の浦学園

学年 2年

名前 田口 夏帆

感想 おばあちゃんのはたけでみつけたナズナを
    見つけました。ハートがたのはっぱが
    かわいかったです。
    なの花のなかまでした。
    ペンペングサともいうそうです。おもしろい
    なまえだなーとおもいました。

作品45

学校 遺芳丘小学校

学年 2年2組

名前 八木 優之介

内容 「自分で考えたドラえもんのえいが」
    たのしみにしていたえいが「えいが ドラえもんのび太の
    しんきょうりゅう」が,コロナウイルスのえいきょうで
    えんきになりました。
    そこで,自分でしらべたむかしのちきゅうや,こだい
    せいぶつ,ほおじろざめなどがとうじょうするドラえもん
    のえいがを考えてみました。

作品44

学校 宜山小学校

学年 4年1組

名前 三好 希歩

感想 エプロン作りにチャレンジしました。
    ぬったところにひもを通すことをがんばりました。
    ポケットをつくるときにいちばん上と左はしと
    右はしと下をおり曲げてぬう時にまちがえたけど
    あきらめずにがんばりました。
    おじいちゃんとおばあちゃんがぶどう農家をしている
    ので,そのときにふくろがけでつかいたいです。

作品42

学校 宜山小学校

学年 4年1組

名前 大浜 翔海

感想 自分でえらんだ新聞記事を読みとることに
    チャレンジしました。むずかしい漢字には
    読みがなを打って,わからない語句は国語
    辞典でしらべました。
    この記事で思ったことは,意しきを持てば,
    なにごとにもちょうせんできるしのりこえ
    られるんだと思いました。

作品42

学校 宜山小学校

学年 6年1組

名前 粟村 心虹

内容 「ゼリーは,なにからできているのか」
    1 ゼリーの種類
    2 ゼリーの歴史
    3 どうやってつくる?
    4 ゼリーができるまで
    ゼリーには,さまざまな種類があって,
    大人にも子どもにも愛されていると
    いうことがわかりました。

作品41

学校 宜山小学校

学年 6年1組

名前 森田 奏琉

感想 私達は6年生になって,私は児童会に入りました。
       しかし,2ヶ月ほど休校になって,仕事らしい仕事
    をしていません。そこで、私が今,児童会やリーダー
    として思うことがあります。それは「これから」の
    ことについてです。
    児童会で考えていた1年生と遊ぶ時間やメイン行事
    の運動会がなくなりました。しかし,密を避けながら
    できる遊びがあると思います。だから,その遊びを
    児童会のみんなと考えて,コロナウイルスもあった
    けど,楽しい1年になれるようにがんばろうと思います。

作品40

学校 向丘中学校

学年 3年

名前 河塚 日菜

感想 女子サッカークラブに所属しています。
    自粛中,体が鈍らないように,いつ再開
    しても良いように走り込みました。

作品39

学校 手城小学校

学年 5年1組

名前 林 誠樹

感想 ぼくはマヨネーズが苦手です。「どうしてみんなは
    マヨネーズが好きなんだろう」など,マヨネーズの
    ことをいっぱい考えている時,メロディが浮かんで
    きました。このメロディに合わせて歌詞を考えてい
    たら,「マヨネーズ」の語呂によく似た言葉もたく
    さん出てきました。
    工夫したところは,きらいだからといって,短調で
    暗いドロドロしたイメージではなくて,「きらいな
    ものを楽しむ」ようにアップテンポであかるい曲に
    しました。楽しい気持ちで歌ってほしいです。

作品38

学校 旭小学校

学年 4年A組

名前 高橋 快明

感想 パチンコゲーム作りにチャレンジしました。
    工夫した所は,最初は中をくぎを打とうと
    思っていたけど「キャップを中にもつけた
    方がいいな」と思ったので変えた所です。
    とてもくぎを打つのがむずかしかったです。
    それにまわりのゴムを2重としなきゃなら
    なかったのでむずかしかったです。3年生
    で使った物をかい良してこんなにすごいの
    になるとは思いませんでした。

作品37

学校 蔵王小学校

学年 2年1組

名前 藤井 颯太

感想 「ありがとう」と「さようなら」を外国でどの
    ように言うのか気になってしらべました。
    たくさんのことばがあるんだなと思いました。
    ほかにもいろいろなことばをしらべたよ。

作品36

学校 蔵王小学校

学年 2年1組

名前 齊藤 帆南

感想 1つの色からちがう色が出てきてふしぎだなと
    おもいました。
    1つのペンにもいろんな色をまぜてつくってい
    ることがわかりました。

作品35

学校 蔵王小学校

学年 2年1組

名前 上田 一晴

感想 ぼくのかぞく5人のこいのぼりをつくりました。
    こいのぼりのうろこは,ボタンをはりました。
    とてもたのしかったです

作品34

学校 蔵王小学校

学年 2年1組

名前 上田 暖人

感想 お兄ちゃんがつくっているのを見て,ぼくもつく
    りたくなりました。
    お兄ちゃんにおしえてもらいながら,ダンボール
    をカッターで切ったり,色がようしをはったりして
    つくりました。
    カッターで切るのがすごくむずかしかったけど,
    たのしかったです。

作品33

学校 蔵王小学校

学年 2年1組

名前 太田 祐輝

感想 まどをあけても雨がはいらないでっぱりぶぶん
    がすこしむずかしかったです。
    かべにでこぼこがあるので,いっぱいせんをか
    きました。

作品32

学校 蔵王小学校

学年 3年1組

名前 小畠 龍ノ介

感想 いえのまわりを調べてみました。
    みんなに2区がよくわかるようにくわしく知ら
     せたかったからです。
    たんけんしてると,発見することがいっぱいあ
     ってたのしかったです。
    どうぶつ病院のことをしらべてみたいです。

作品31

学校 新涯小学校

学年 6年2組

名前 阪田 凜

感想 感想 「春」をイメージしてつくりました。
    自分の好きな色を集めて,春の暖かさや
       明るさを表現しました。
    きっかけは,時間がある休校中だからこそ,
       久しぶりにチャレンジしてみようと思った
       からです。花の種類や色の組み合わせ方など,
       すべて自分で選び,製作するのに1時間ほどかかりました。
    つくり終えてみると達成感があり,たくさんの人に
       見てもらって,元気を与えることができればいいな
       と思いました。

作品30

学校 常石小学校

学年 5年

名前 藤井 遼太

感想 名探偵コナンに出てくる黒幕について調べました。
    なぜ黒まくについて調べたかというと,名探偵
    コナンが好きで,その中に出てくる悪の組織の黒
    まく達のコードネームが,みんなのお酒の名前だっ
    たので,くわしく調べました。
    コードネーム,性別,アルコール度数を調べ
    ました。

作品29

学校 常石小学校

学年 6年

名前 神原遼太郎

感想 この作品は,「水圧ロボットアーム」です。
    注射器からの水圧によってアームが動く仕組みです。
    材料は,注射器を8本と段ボールと洗濯ばさみと針金
       と竹串と結束バンドです。
    二日もかかりました。
    難しかったですが,水圧の力でいろいろな動きをする
    ので面白いです。

作品28

学校 駅家北小学校

学年 1年2組

名前 柏 雄十

内容 はるやすみにつくったかみしばいを
    えほんにしました。ほいくえんにいって
    いるいもうとのはなしです

作品27

学校 宜山小学校

学年 6年2組

名前 牧元 蒼士

感想 ちくわが何から,どのように作られているのか調べて,
       作ったレポートをパソコンでまとめることにチャレンジ
       しました。
       ちくわが魚からできていることは知っていたけど,こんな
       作り方をしているなんて知りませんでした。味は,だんりょく
       があってとても美味しかったです。
       ワードで写真を入れる方法を覚えられたので良かったです。
       もっと速く文字を打てるようになりたいです。

作品26

学校 宜山小学校

学年 6年1組

名前 吉田 かなで

感想 担任の先生が教えて下さった「キノコリウム」という
       新聞記事にとても興味を持ち,私もチャレンジしました。
       まだ,育てている段階ですが,一日ずつ変わるキノコの
       姿をみるのが楽しみです。自分の好きなように作れる
       キノコリウムをこれからどう作ろうかと考えると,とても
       わくわくします。

作品25

学校 高島小学校

学年 3年1組

名前 下宮 努

内容 コロナウイルスの影響で,暗いニュースが多くなっている
   ので,少しでも前むきに明るくすごせるようにと考え,
       「コロナが終息したら行きたい所」を書いてみました。
       「坊ちゃん」を読んで,坊ちゃんが毎日夕方になると,道後
       温泉に行っていたので,ぼくも行ってみたいと思いました。

作品24

学校 高島小学校

学年 1年1組

名前 上坂 咲華

内容 もともと工作がすきなので,自分のすきなものをテーマに
       たからばこをつくりました。貝がらあつめがすきなので,
       海のようにしました。お花もすきなので,はってキラキラ
       するようにしました。

作品23

学校 赤坂小学校

学年 2年

名前 駿

内容 ことわざについていっぱいしらべました。いままで知らなかった
       「気になることば」をしらべたいと思い,はじめました。
       ことわざのいみやつかい方だけでなく,るいくやえいごでの
       言い方,使うときの注意もしらべました。
       わかったことなどをかいて、それをまとめて「ことわざじてん」
       をつくりました。

作品22

学校 西小学校

学年 6年1組

名前 中村 咲向

感想 スライム時計を作ることにチャレンジしました。
       作ったスライム時計が何分くらいなのかを実験で
       計ってみました。ペットボトルの上と下を切って
       つなげるところがむずかしかったです。スライム
       時計の時間を計っているときはドキドキしました。

作品21

学校 西小学校

学年 4年1組

名前 中村 咲多

感想 ユーチューブでスライムを作っているのを見て,
       わたしも作りたいなと思いましたた。作ってみて,
       一番たのしかったのは,シェービングフォームを
       いれるところです。つぎにさわるときは,ベビー
       パウダーをかければ,ベトベトにならないことが
       わかりました。

作品20

学校 西小学校

学年 3年1組

名前 中村 咲弥

感想 おうちの部屋をつかって,ひみつき地を作りました。
       すべり台のところにトンネルがあってこわかったけど,
       すべってみたら楽しかったです。ひみつき地をつくって
       みて,楽しかったので,もういちどつくりたいと思いました。

作品19

学校 城南中学校

学年 3年

名前 喜多村 莉子

感想 普段から絵を描くのが好きでしたが,休校中の空いた時間に,
       チャレンジしてみました。たくさん描いている作品の1つです。
       心に浮かんだものを表現してみました。

作品18

学校 光小学校

学年 4年2組

名前 花谷 知世梨

感想 私は3年生の11月に初めてファッションざっしを
       買いました。私はその時
       「この服かわいい!」
       「このモデルさんかわいい!」
       と思い,おしゃれに興味を持ちました。
       それ以来,お洋服の絵を描いたり,好きな服屋に行ったり
       しています。この絵は,好きなファッションざっしを見て,
       トレンドをチェックしながら描きました。

作品17

学校 駅家北小学校

学年 3年1組

名前 惠谷 柚羽

感想 ダンボールを使って,「リアルな家」づくり
       にチャレンジしました。ポイントはベッドの
       もようです。おふろの形をつくるのがむずか
       しかったです。その他にもいろいろなところ
       をくふうしてみました。

作品16

学校 福相小学校

学年 4年1組

名前 小野 仁瑚

感想 「わがやで夏祭り」きかく書をつくりました。
       コロナのえいきょうでなかなかみんなで集まることが
       できなかったので,もし集まれるようになったら楽し
       みたいです!どれくらいのお金がかかるのか考えて
       みました。くだものとかは自分の家のものをつかって,
       できるかぎり安くしてみんなをよびたいです。食べ物
       屋台と遊ぶ屋台をつくるなど工夫しました。

作品15

学校 城南中学校

学年 3年

名前 永留 瑞月

内容 家のタブレットでプログラミングソフトを使って,
       様々なプログラムを作成することにチャレンジして
       みました。具体的には,クイズをつくり,答えが正解
       なら次の問いが出たり,間違いだと解説が出たりする
       ように工夫しました。

作品14

学校 宜山小学校

学年 2年1組

名前 石井 心乃香

感想 わたしたちがふだんつかっているえんぴつに
       ついてしらべました。
       しんをかんそうさせるときに1000℃以上
       やき上げるということがびっくりしました。
       しらないことがわかったので勉強になりました。

作品13 学校 蔵王小学校

学年 2年1組

名前 藤井 雄大

感想 ぼくが,ようちえんの時,おとうさんとおぼえた
   ことわざカードについて,もういちどしらべてみま
   した。ぼくが,思っていたことわざのいみと本とう
   のいみがちがって面白かったです。

作品12

学校 泉小学校

学年 1年2組

名前 菊川 美月

内容 「あおしんごうはみどりいろなのになぜ「あお」
        というのだろうか?」

        ほかにも「あおりんご」「あおむし」「あおじる」
        などがあるけど,なぜ「あお」なのか?
        そんなぎもんについてしらべました

作品11

学校 山手小学校

学年 4年2組

名前 山田 奈緒

内容 「ハムスターふでばこ」

       「カラフルけんだま」

       「きらきらブーメラン」

        家の中でも楽しく遊べるおもちゃを工夫して
        つくりました。

作品10

学校 竹尋小学校

学年 5年1組

名前 佐藤 桃花

感想 休みの間,前からやってみたかった,ギター
       を弾くことにチャレンジしました。1曲弾ける
       ようになることを目標に練習をはじめましたが,
       「夜空ノムコウ」と「ひまわりの約束」の2曲
       が弾けるようになりました。練習した成果を
       学校で,先生方に聞いてもらえてうれしかった
       です。

作品9

学校 川口東小学校

学年 2年1組

名前 関口 紗希

感想 かぞくで公園をさんぽしているときにバラ
       がとてもきれいだったので,しゃしんをとり
       ました。おとうさんに,デジカメのつかい方
       をおしえてもらって,はじめてとりました。
       バラには,たくさんの色やしゅるいがあるこ
       とが分かりました。もっと色いろなしゃしん
       をとってみたくなりました。今年は,バラ
       まつりがなくてざんねんだったので,らい年
       は,あったらいいなと思いました。

作品8

学校 山手小学校

学年 4年2組

名前 松尾 夏音

内容 英語の紙芝居づくりにチャレンジしてみました。
       英語絵本「Surprise for a Princess」を基に,
       英文を書き写して,自分で絵を描きました。

作品7

学校 山手小学校

学年 2年1組

名前 松尾 夏樹

内容 英語の紙芝居づくりにチャレンジしてみました。
       はらぺこあおむしの英語絵本「The Very Hungry
       Caterpillar」を基に,英文を書き写して,自分
       で絵を描きました。

作品6

学校 山手小学校

学年 1年2組

名前 山田 健人

内容 キャッチボールゲームづくりにチャレンジ
       してみました。ボールをアルミホイルでつくり,
       キャッチするための容器を紙コップで3つ,
       つくりました。3つの紙コップには,いろいろ
       な食べ物や生き物をマジックで書きました。
       4年生のお姉ちゃんと一緒に協力してつくりました。

作品5

学校 幕山小学校

学年 4年2組

名前 溝部 仁基

内容 今年の運動会や遠足が中止になってしまったけど,
       友達との思い出を増やすため,「月1運動会」
       「まく山学区スタンプラリー」という新しい行事
       を考え,企画書を作って先生に提出しました。

作品4

学校 宜山小学校

学年 6年2組

名前 牧元 蒼士

感想 自分で撮った動物の写真ですごろくをつくってみました。
       また,教育長からのチャレンジ問題の「色々な乗り物で
       月まで行くとしたらどのくらいかかるのか」にもチャレンジ
       しました。色々な乗り物や徒歩などで月までどのくらいで
       いけるかがわかったので,今度は,太陽までどのくらいで
       いけるかを調べたいです。

作品3

学校 宜山小学校

学年 4年1組

名前 高橋 結羽

感想 今,病院ではマスクもぼうご服も不足しています。
       そこで,大きなビニール袋を使って,使い捨てエプロン
       を作るボランティアに挑戦してみました。
       最初は,コツがつかめずうまく切れなかったけど,
       だんだんコツがつかめて楽しかったです。
       お母さんの病院の人に使ってもらいたいです。

作品2

学校 蔵王小学校

学年 5年1組

名前 山路 遥香

内容 「コロナウイルス対策ブック」

       その1 コロナって何?
       その2 3つの密を守ろう
       その3 コロナウイルスはどんな病気になるの?
       その4 いつ収まるの?
       その5 世界の感染者数は,およそ何人?
       その6 日本で感染しやすい場所は,どこ?
       その7 一番洗うポイントは,どこ?
       その8 注意するところ

花

学校 川口東小学校

学年 5年2組

名前 関口 颯太

感想 これは,「花」という作品で,折り紙を192枚使っています。
   内側または外側に回して,色を変えて遊ぶことができます。
   作ろうと思ったきっかけは,休校中に宿題以外,何もしない
   ことがいやだったからです。
   作るのに10日もかかり、大変でしたが,家族が手伝って
   くれたので完成しました。
   これからもいろいろな作品を作りたいです。