ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市教育委員会 > 教育委員会について > 教育長学校訪問記 > 教育長学校訪問記 11月18日(金曜日)樹徳小学校

教育長学校訪問記 11月18日(金曜日)樹徳小学校

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月25日更新

1

 


研究紀要

第64回広島県国語教育研究大会は,
「生きて働くことばの力を育てる国語教育の創造」を大会主題に,
樹徳小学校,神辺東中学校,広島県立福山誠之館高等学校を会場に
開催されました。

樹徳小学校は,
「豊かな読みの力を育てる授業づくり」を研究主題に,
文学作品や俳句の授業を公開しました。

授業風景
長年,小学校の国語科教科書に掲載されている
名作「大造じいさんとガン(椋鳩十 作)」
登場人物の心情の変化を考え,
グループでの交流を通してさらに深めていました。
ノート
友達の考えを聴いて気付いたこと,
学んだことをノートに書き記すことで,
仲間とともに考えることの大切さが,
子どもたちの心に自然に
染みわたっていくのでしょうね。
5年2組担任

授業後にパチリ!

 5年2組担任の 教誓 紘子 先生です。

この,素敵な笑顔が,
子どもたちの学ぶ意欲,
やる気につながっているのですね。

自分の思いを積極的に伝え,
友達の考えを真剣に聴いている子どもたちの姿に,
日々の授業を通して身につけている
「豊かな読みの力」を感じました。

 この日は,樹徳小学校の1時間の授業しか参観できませんでしたが,他の学級も,中学校の会場である神辺東中学校でも,日々の授業を通して育んでいる「ことばの力」を県内の多くの先生方に見ていただくことができたと思います。
 みなさん,お疲れさまでした! また,明日からもがんばりましょう!