ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市教育委員会 > 教育委員会について > 教育長学校訪問記 > 教育長学校訪問記(番外編) 史跡 二子塚古墳 5月28日(日曜日)

教育長学校訪問記(番外編) 史跡 二子塚古墳 5月28日(日曜日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月14日更新

 訪問記


古墳見学会(1)
史跡 二子塚古墳現地見学会へ向かって,
ランランランランrunning! 
いつものカメラをポッケに入れて,しばらく直進running
→左手に駅家西小学校見ながら→running
→下を福塩線が通る陸橋を登り下り→
下って(2)
下って→右から2本目の電柱の向うに
駅家中学校体育館の三角屋根を見ながら
→running→
陸橋を(3)
陸橋を下りきったところで信号待ち。
前をヘルメットをかぶり自転車に乗った
2人の中学生が,中学校へ向かって行きました。
写真の右端上に写っています。
ランラン(4)
ランランふうふうrunning→
ランラン2(5)
ふうふうランランrunning 
ヘルメット男子中学生が追い越し,
カメラを取り出す時間にどんどん小さくなっていく。
ランラン3(6)
ランランランrunning!
少しのぼって下っていくと”見えた”表示!
右へ(7)
「史跡二子塚古墳見学会→」右折します。
登り坂(8)
上り坂・上り坂・ふうふうふうふうrunning! 
暑さになんか負けないぞ! 
ふうランふうランrunning! 長い,遠い…。
見えた(9)
見えた! 右だ! 
遠くても赤い矢印付表示だけは見える視力3.0
(普段は裸眼0.1 コンタクト1.0)を獲得! 
ランランランランrunning復活!
当たり(10)
当り! 矢印が3つもある。
初めての青は←(一般駐車場) 
赤(1)→二子塚古墳
「中島青荘年年会 福山駅家ライオンズクラブ」 
赤(2)→思いやり駐車場 
たくさんの方々にお世話になっています。
ありがとうございます。
右折→もうひとふんばり坂道running→
駐車場(11)
思いやり駐車場にお2人。
北村近田公民館長(右)と式部さんです。
暑い中,ありがとうございます。
池ノ内遺跡(12)
「池ノ内遺跡群」弥生ケ丘団地の東側で,
国史跡二子塚古墳の尾根に続くこのあたりは,
池ノ内遺跡群と呼ばれ,弥生時代の竪穴住居跡30軒,
古墳時代の円墳4基,壷棺墓2基などが発見されました。…
左手に(13)
左手に「池ノ内遺跡群」の表示,
右を見る新緑の木々の間から駅家平野一望! 
いつの間にやら,ランランランランwalking
突き当り(14)
突き当たりのガードレールに「手づくり表示」二子塚古墳 
自動車進入禁止! いよいよです。
ウォーキング(15)
walking 12時50分到着! 
人影が見えます。もう始まっています。
説明の声がスピーカーから聞こえてきます。
史跡二子塚古墳(16)
「史跡二子塚古墳 平成21(2009)年7月23日指定」の標柱
模型(17)
全長約73mの「150分の1の模型」
(駅家西学区まちづくり推進委員会文化部会有志製作)
説明パネル
(18)前方部石室説明パネル
(地元説明ボランティアの方製作)
受付
(19)笑顔で受付 
文化財課の小野主事(右)と山本主事です。
出土品
(20)出土品 右上が金銅製の双龍環頭柄頭のレプリカ 
行列
(21)行列ができています。
280人
(22)この日,約280人が見学されました。
石室入口
(23)写真正面真中に見える石室入口
説明版
(24)説明板
石室入口
(25)石室入口手前の石積みの墓道が特徴です。
羨道(26)
羨道(せんどう)を通って玄室(げんしつ)へ
外に出て
(27)外に出て,説明板の手前を右に進むと…
古墳ロード
(28)「福山古墳ロ-ド」の表示。
玄室(29)
そして,玄室の上辺りだと思われる
ビニールシートに向かって歩きます。
下ってきた道
(30)下って来た道を振り返ってみました。
一番高い所の下辺りが,玄室だと思います。
道具
(31)道具の展示。
当時は、こんな形の鋤(すき)、鍬(くわ)だったのかも?
タイムスリップ(32)
座って休憩していると ”先生”と声をかけてくる青年が…? 
大学生? よく見ると,幸千中学校3年生の時
担任した高橋孝行くんです。
タイムスリップ25年前。
再会(33)
若く見えるけど40歳。立派に税理士として活躍中! 
訪問記番外で王寺町の税理士事務所訪問をしたいものです。
歴史とカープが大好きで,見学会には1人で参加,
家族は留守番。
帰って,カープの試合を一緒に見るそうです。
再会を約束しました。また…。
タイムスリップ(34)
再びタイムスリップ! 玄室奥の1枚石。
この石に背中を付けて立つと,
6世紀末~7世紀初めに触れたような,
不思議な気分になりました。
何思う(35)
何思う?教育委員会の西頭管理部長と佐藤教育次長です。
「石棺」越しに
(36)奥から復元した「石棺」越しに入口を見る。
石棺
(37)「石棺」
玄室(38)
玄室を入口から見る。
古墳とともに

(39)
このあたりは、深い草におおわれていましたが、
地元のみなさんの作業によって、
気持ちの良い森になりました。
南側の斜面には、弥生時代のムラが眠っています。
古墳とともに、未来へ伝えていきましょう。