ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
福山市トップページ > まちサポ > まちサポからのお知らせ > 募集・イベント・お知らせ > まちづくりの交流拠点「まちサポ」でつながろう!

まちづくりの交流拠点「まちサポ」でつながろう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月5日更新

 ボランティアやNPOをはじめ,あらゆる市民活動を支援するまちづくりの交流拠点である「福山市まちづくりサポートセンター(愛称:まちサポ)」。まちサポ登録団体は160を超え,4月からは個人のスキルを社会貢献に生かす登録制度として「まちづくり人財バンク」がスタートしました。
 まちサポを中心に社会貢献活動に取り組む個人や企業,市民活動団体,地域,大学,行政などがつながり,誰もが気軽に参加できる「市民が主役」のまちづくりが進んでいます。

まちづくりの輪を広げる

ボランティア・NPOによるまちづくり活動のサポートが充実!まちサポ登録しませんか?

 まちサポ登録団体同士が交流し,気軽に意見交換を行う場として,登録団体交流会「つながる まちカフェ」を年2回開催しています。ここでの出会いがきっかけでイベント協力するなど,回を重ねるごとに団体同士のネットワークが広がっています。

登録団体交流会の様子

 また毎週月曜日には,希望する登録団体に「まちサポ情報メール」を配信。登録団体から提供される情報などをタイムリーにお届けしています。

人財とニーズをつなぐ

市民活動や地域づくりの課題を「まちづくり人財バンク」で解決してみませんか?

人財×ニーズ=まちづくり活動のステップアップ

 「まちづくり人財バンク」は,仕事やまちづくり活動などで培った知識やスキル・経験を生かして社会貢献活動したい個人(人財)と,運営や活動に課題がある市民活動団体や地域のニーズをつなぐ登録制の仕組みです。9月末時点で,保育士や大学院生,情報処理の有資格者,コミュニティカフェの立ち上げ経験者など10名の人財登録があり,活躍の場を求めています。また,市民団体や地域からの課題解決のためのニーズ登録は3件。2組のマッチングにより団体の課題が解決され,活動の充実につながっています。
 まちづくり活動のパートナーを探している団体は,まちサポに相談を!

登録者同士のマッチングの様子

人財登録者の声

NPO法人ひとまちスタジオ 代表 平岡顕治さんに聞きました!

NPO法人ひとまちスタジオ代表平岡顕治さん

■なぜ人財登録したのですか?

 「何かをしたい・始めたい」と思う人を応援したいという思いから登録しました。
 人財バンクでの活動が自分自身のスキルアップや経験にもつながると期待しています。

■どんなことができますか?

 NPO法人の運営やIT,マーケティング,企画などの経験を生かし,維持可能な組織づくりや活動の魅力アップのためのアドバイスができます。
 自分のスキルがまちづくり団体の課題解決の助けになればと思っています。

ニーズ登録者の声

別所砂留を守る会 会長 光成良秀さん(左),副会長 高田克彦さん(右)に聞きました!

別所砂留を守る会

■なぜニーズ登録したのですか?

 別所砂留の魅力をより多くの人に知ってもらうためにパンフレットを作成したいと思っています。初めて作成するので,経験や知識がある人からアドバイスをもらいたいと思って登録しました。

■人財に期待することは?

 分かりやすいパンフレットを作成できるよう,作成手順やデザインについて教えてもらいたいと思っています。