ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

放射線科

科の特徴 資格・認定技師 学会発表 機器等一覧 実績 IVRとは 放射線治療 

科の特徴

  • 高度な画像診断
  • 放射線機器を利用しての治療(放射線治療,IVR)
  • 他医院からの検査(CT・MRI・RI・PET/CT)および放射線治療の依頼
  • 放射線科医師6名と診療放射線技師28名がチームを組んで診療をしています。高速マルチスライスCTでのCT検査は1日に約80~100名,またMRI検査は約30名の方の検査を行い,放射線科専門医が読影し結果を各科へレポートすることにより,早期に的確な治療へとつながっています。
  • 「かかりつけ医」からの電話予約(084-941-5151,内線放射線科受付:1170)により専門的な画像診断を行い,結果については「かかりつけ医」から説明を受けるシステムもあります。

資格・認定技師

  • 第1種放射線取扱主任者 (2名)
  • マンモグラフィ認定技師 (5名)
  • 放射線治療専門放射線技師(RTT) (3名)
  • 放射線治療品質管理士 (2名)
  • 放射線管理士 (1名)
  • 放射線機器管理士 (1名)
  • X線CT認定技師 (4名)
  • 肺がんCT検診認定技師 (1名)
  • 救急撮影認定技師 (2名)
  • 医学物理士 (1名)
  • 画像等手術支援認定診療放射線技師  (1名)
  • 血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 (1名)
  • 磁気共鳴(MR)専門技術者 (2名)

学会発表

学会発表は、当院で行っている日常診療を学術的に検証・表現する場として、国内(福山近辺の研究会、中四国地方会、全国学会)、国外も2010年に初めて発表するなど、積極的におこなっております。

2015年度  

  • TBT法を用いた心臓撮影
    三村 尚輝
    岡山県西部医用画像研究会 5月 岡山
  • 血管領域における3D
    三村尚輝
    第42回画像研究会 6月 大阪
  • 造影CT検査における副作用発生状況
    三村 尚輝
    第54回全国自治体病院学会 10月 北海道
  • NEMA Body Phantomを使用し肝腫瘍を想定した視覚的評価の検討
    平田 清士
    第31回放射線技師会学術大会 11月 京都
  • 読影補助の実際 -救命救急時における読影の補助と画像処理-
    三村尚輝
    第8回読影セミナー 2月 大阪
  • 当院における造影CTに対する意識向上への取り組み
    積善 勇人
    第22回福山医学祭 11月 福山市
  • FSEにおけるvariable flip angle(2D-MPV)が画質に与える影響について
    永井 能規
    第11回中四国放射線医療技術フォーラム 11月 香川
  • 放射線治療計画装置登録用ビームデータの平均変化率解析による品質管理
    羽原 弘士
    第11回中四国放射線医療技術フォーラム 11月 香川

    他 15題

 2016年度

  • 心臓CT検査におけるSpiral-flow tubeの有効性の検討
    平田 清士
    第72回放射線技術学会 春季総会 4月 横浜
  • 救急撮影における頭部MRI撮像条件の改善について
    永井 能規
    第19回日本臨床救急医学会総会 5月 福島
  • EBUS-TBNAにおけるVirtual-Sonographyを用いたリスク血管を想定した支援画像
    平田 清士
    第7回AZE展 5月 東京
  • 造影CT検査における副作用対策
    三村 尚輝
    第15回CTテクノロジーフォーラム 12月 東京

    他 19題

 2017年度 

  • 腹腔鏡下胃切除術の為の術前3D-CTのコツ
    三村 尚樹
    胃がん検診X線撮影従事者講習会 7月 山口
  • 血管撮影装置の線量測定結果とDRLs2015の比較
    下江 亘
    放射線技術学会夏季セミナー 7月 岡山

  他 16題

 2018年度

  • 可変ピッチヘリカルスキャンを用いたS状結腸癌・直腸癌術前造影CTにおける被ばく線量の検討
    平田 清士
    第46回日本放射線技術学会秋季学術大会  10月 宮城県
  • パラレルイメージング併用下におけるSMS(多断面同時励起)のSNR検討について
    永井 能規
    第57回全国自治体病院学会 10月 福島県
  • 食道がん術前検査における胸管撮像
    永井 能規
    第22回中四国MRユーザーセミナー 2月 岡山県

  他 16題

機器等一覧

機器等一覧
機器名
一般撮影室4室
ポータブルX線撮影装置5台
骨密度測定装置1台
乳房撮影装置1台
パノラマ撮影装置1台
マルチスライスCT(X線コンピュータ断層撮影装置)2台(320列)
MRI(磁気共鳴断層撮影装置)2台(3T)
RI(ラジオアイソトープ)診断装置2台
循環器血管撮影装置2台
IVR-CT(血管撮影CT複合装置)1台
X線透視撮影装置4台
PET-CT装置1台
外科用イメージ4台
放射線治療装置1台
放射線治療計画用CT1台(80列)

実績

機器別放射線検査および治療状況

  一般撮影 透視造影 CTMRI RI PET-CT血管撮影放射線治療
心臓その他

患者
実人数

定位照射
2013年度40,7921,80020,9576,2891,8001,6831,59060641728
2014年度42,2291,67921,5396,5481,9052,1841,17362144925
2015年度44,2841,76322,2006,9122,1712,0881,65561143324
2016年度46,5351,95623,4567,4832,3371,9151,59257347025
2017年度48,8102,09724,1407,4572,4662,0131,76565946127
2018年度49,2482,12824,3357,1872,3352,0641,92161845028

放射線治療の特徴


ページトップへ戻る