ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 医療技術部 > 機器紹介(一般撮影)

機器紹介(一般撮影)

俗にレントゲンと呼ばれるX線を用いた画像検査です。依頼に応じて、胸部や腹部、手や足など、様々な部位を撮影します。
撮影部位の近くに金属類や衣類のボタンなどがある場合、服を脱いで検査着に着替えてもらうことがあります。
入院患者さんなどで、撮影室への移動が困難な方には、移動式のポータブルX線装置を持っていって、病室で撮影することもできます。

一般撮影室・胸部レントゲン・肘部レントゲンの写真画像
一般撮影室
胸部レントゲン
肘部レントゲン

パノラマ撮影

歯や顎の骨を1枚の写真の中に横一列に撮影することができる画像検査です。パントモグラフィーとも言います。
機械が顔の周りを回りながら撮影します。当院では主に、歯の周りや顎を骨折したときに撮影しています。

パノラマ撮影装置の写真とパノラマ撮影の画像
パノラマ撮影装置
パノラマ撮影

骨塩定量

骨粗鬆症などの診断のために、骨の密度を測る検査です。
微量のX線で腰椎や大腿骨頚部を撮影し、コンピューターで解析して診断します。

骨密度測定装置
骨密度測定装置


ページトップへ戻る