ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 緩和ケア科 > 緩和ケアセンターとは

緩和ケアセンターとは

 緩和ケアセンターを開設しました    

集合写真 

 当院は緩和ケアの質の向上に向け、“緩和ケアセンター”を2019年8月1日に開設いたしました。緩和ケアセンターは、全てのがん患者さんやその家族等に対して、診断時からより迅速かつ適切な緩和ケアを切れ目なく提供するため、これまでの『緩和ケアチーム』『緩和ケア病棟』『緩和ケア外来』等を統括し、専門的緩和ケアを提供する院内拠点組織です。また地域の医療機関や在宅療養支援診療所等との連携を図り、穏やかな療養ができるよう支援することを目指しています。

 そこで、それぞれの部署の業務を紹介します。

《緩和ケアチーム(PCT)》
 がんに伴う身体症状や精神症状等の緩和ケアに関して、専門的な知識や技術を提供することにより病院内の医療従事者への教育・支援を行っています。また、主治医等との協働のもとに患者さんおよび家族や介助者のQOLの維持向上を図っています。

アニマルセラピー

《緩和ケア病棟》
 痛みや不安などの症状を和らげ、その人らしく有意義に過ごしていただけるための療養環境を整え、多職種チームでかかわっています。月に一回『ドッグセラピー』や緩和ケア病棟ならではの『イベント』を行い、癒しの空間を提供しています。
 症状コントロールが出来たたあとは、住み慣れた自宅での療養ができるよう在宅調整も行っています。

 

《緩和ケア外来》

 がんで通院されている患者さんや、がん治療中の患者さんで、つらさや痛みが強く緩和ケアが必要な場合の診察を行っています。また入院中の患者さんが緩和ケア病棟へ転棟が必要になったときも対応しています。

体系図

《がん看護外来》相談風景

相談内容 
・からだの症状(痛み・だるさ・息苦しさ)がつらい。
・病気の治療について不安がある。
・今後の治療や療養について悩んでいる。
・悩みをどこに相談すればよいのかわからない。など・・・

 外来でのがんの告知、治療の変更などについて患者さんに説明するとき同席することで、患者さんや家族の不安や心配事への対応を行っています。またがんに対する相談業務を行っています。入院中、緩和ケアチームが関わった患者さんに対して外来で継続フォローさせて いただきます。


ページトップへ戻る