ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ふくやまピース・ラボ > 活動報告 > 2015ふくやまピース・ラボ > 第10回「ふくやまピース・ラボ」が開催されました!~わだつみの声を聞く~

本文

第10回「ふくやまピース・ラボ」が開催されました!~わだつみの声を聞く~

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月10日更新

第10回「ふくやまピース・ラボ」が開催されました!

 被爆・福山空襲70周年の記念事業として,“平和について学び,考え,広く発信していこう” と市内の中・高・大学・専門学校生を対象に募集した『ふくやまピース・ラボ』の第10回講座が開催されました。

■ 日   時 : 2015年(平成27年)8月9日(日曜日)13時30分から15時00分 

■ 場   所 : 福山市人権平和資料館

■ 内   容 : 「わだつみの声を聞く ~戦没兵士の精神構造から~」 (講師:青木 秀男さん)

 

◆戦時体制下

 (1)法律:国家総動員法 

        国防目的達成のため,あらゆる人的・物的資源を統制運用する権限を政府に与える

 

 (2)思想統制:労働・社会運動の弾圧,思想教育(学校教育)と言論統制(学問,マスメディア),情報局,特別警察,治安維持法

   *治安維持法による逮捕者100,000人

   *検事局への送検者     75,681人

   *拷問死者              65人

   *獄死者               114人

   *獄中病死者                  1,503人

 

◆徴兵者数・死者数

  陸海軍兵士750万人(1945年),出陣学徒30万人

  特攻死者6,000人   第2次世界大戦の死者(兵士230万人・市民80万人)

 

◆戦争に抵抗した人々

(1)不服従

   *徴兵忌避(死亡診断書の偽造,身体損なう)

   *徴兵拒否(兵役の拒否)

   *幹部候補生試験拒否・意図的不合格

   *敵軍への自発的な投降

   *特別特攻隊参加拒否

   *軍隊内での抵抗

(2)不服従の困難

   *兵役法 :入営の期日10日を過ぎた者は6カ月以下の禁錮

           戦時に5日を過ぎた者は1年以下の禁錮

           徴兵検査を受けない者100円以下の罰金

   *社会統制:戦時体制に従わない者,戦争に反対する者⇒非国民・国賊・世間の圧迫

◆自縛

 (1)天皇

   「天皇陛下万歳」と叫んで死んでいった兵士…天皇は祖国の象徴,祖国は美しい故郷の象徴,そこに家族がいる

 (2)家族

   ・ゆりかごであり「魂が帰る宿」 

   「お母さん」と叫んで死んでいった兵士…母は情愛の器・父は倫理の教師

   ・兵士は国を守るために戦場へ行く=国を護るは家族を護ること

    △戦争に負けて敵に侵略されると家族がひどい目にあう

    △徴兵や戦闘を拒否すれば家族が非国民として迫害される

     =家族を国家に人質に取られていた

◆今を生きる私たちに必要なこと…

 (1)戦争への足音を聞きとる

  ・戦争体験に学び,戦争体験を継承する

 (2)聞く耳を鍛える(騙されない)

 (3)精神の自由を失わない

  ・精神の自立

  ・自分の意志で生きる力

  ・合理的な個人主義

講義風景1 講義風景2

◆ピースラボメンバーの感想

 ・戦場から家族へ宛てた手紙の中に「今日も元気に過ごしていますか?」と体を心配する文章と,「今日は5人殺してきた。」という文章が入っていた。これは,どちらも家族を思う気持ちで発された言葉だそうだ。前者は分かる。後者は,5人殺したことで,日本の勝利に近づいた。勝利に近づくということは家族を守ったことになる…という考え方だそうだ。それほど思想統制がなされていたのだと思った。

 ・かつてアフガニスタンで戦っていた兵士の中に,現在ホームレスとなっている方々がいるという実態を知り,生きて帰ってきても戦争は大きな精神的ダメージを与えたのだと思った。

                          

【次回ふくやまピース・ラボ】

日    時 : 2015年(平成27年)8月23日(日曜日)9時45分~12時00分

場    所 : 福山市人権平和資料館,福山市内

内    容 : 市内戦争遺跡巡り