ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ふくやまピース・ラボ > 活動報告 > 2015ふくやまピース・ラボ > 第12回「ふくやまピース・ラボ」が開催されました!~自主講座/開票作業~

本文

第12回「ふくやまピース・ラボ」が開催されました!~自主講座/開票作業~

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月16日更新

第12回「ふくやまピース・ラボ」が開催されました!

 被爆・福山空襲70周年の記念事業として,“平和について学び,考え,広く発信していこう” と市内の中・高・大学・専門学校生を対象に募集した『ふくやまピース・ラボ』の第12回講座が開催されました。

 

■ 日   時 : 2015年(平成27年)9月13日(日曜日)10時00分から12時00分 

■ 場   所 : 福山市人権平和資料館

■ 内   容 : グループワーク(どのように戦争の悲惨さ,平和の大切さを発信していくか)

 

◆はじめに前回までの振り返りをし,今日の流れを確認しました

 振り返り・流れ説明 振り返り・今日の流れ説明2

◆「生還した特攻隊員の体験記録」を輪読しました

体験記録 輪読の様子

  訓練がとても過酷であったこと,仲間が先に出発していく様子,続く悪天候のため自分の出発が延期されたことなど…当時の様子が生々しく伝わってきました。

 

◆戦時中の様子を知るため,ビデオ『昭和の記録8 敗色日々に濃し』を鑑賞し,理解を深めました

 ・ 戦時中の学校の様子

 ・ 日本の戦局が悪化する中,特攻隊へ多くの若者が志願し,命を落としたこと

 ・ 不利な状況下でも,日本軍が優位にあるという報道がなされていたこと ・家族と笑顔で別れる様子(涙を流せば非国民だと言われていた)

 ◆ワークショップ(どのように戦争の悲惨さ,平和の大切さを発信していくか)

ワークショップ1 ワークショップ2 ワークショップ3

(1)    朗読劇がしたい

 ・ 出撃していく兵士(海軍航空隊員)を見送る写真がとても印象的だったので,実際に戦場へ行くことになった者の心境と,見送る者の辛い心境を朗読劇で表現する

 ・ 出陣する人の親,兄弟や恋人,同僚など,どのような思いだったかを考える

(2)    平和をテーマにした歌をつくりたい

 ・ 作詞,作曲も自分たちで

 ・ 前向きな,平和を訴える曲

 ・ 平和をいろいろな国の言葉で表現し,歌詞に入れる(ピース(英)・パーチェ(伊)・フリーデン(独)など)

◆「ふくやまピース・ラボ」イメージキャラクター決定!

開票作業1 開票作業2

 待ちに待った開票作業です♪全部で約60票もの投票がありました!開票の結果…

 ぴきゅう

 『ピきゅう』に決定!!!これから色つけもします。「Tシャツにしたい!」などという意見もでており,これからの活動を一緒に盛り上げていきたいと思います。投票にご協力いただきましたみなさん,ありがとうございました!

 

【次回ふくやまピース・ラボ】

日    時 : 2015年(平成27年)10月11日(日曜日)10時00分~12時00分

場    所 : 福山市人権平和資料館

内    容 : 自主講座(どのように戦争の悲惨さ,平和の大切さを発信していくか)