ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ > 自主事業 > 自主公演 > リーデンローズ・アカデミー 竹内昌彦講演会 チラシテキスト版

リーデンローズ・アカデミー 竹内昌彦講演会 チラシテキスト版

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月18日更新

福山ばら祭協賛事業

リーデンローズ・アカデミー竹内昌彦講演会

日時 2017年5月19日金曜日 18時15分開場 19時開演 21時終演予定
場所 リーデンローズ大ホール
入場料 無料 要整理券

キャッチコピー
特別な方をお招きして,心温まる2時間
逆境を撥ね返す強い力

演題 私が歩んだ道 見えないから見えたもの

講師 岡山ライトハウス理事長 ヒカリカナタ基金代表 竹内昌彦氏

1945年中国天津生まれの岡山育ち。
終戦後日本に帰る引揚船で罹った肺炎がもとで小学校低学年で全盲になる。
当時受けた壮絶ないじめを克服し盲学校へ。
東京パラリンピックでは盲人卓球で金メダルに輝く。
東京教育大学を経て岡山盲学校の教師となるが、結婚後授かった長男を脳性麻痺で失う。
それらの辛い経験を元に、いじめの根絶、障害者理解、命の尊厳をテーマに全国で2千回を超える講演活動を行い、謝金や著書の収益などでモンゴルに視覚障害者の職業支援学校、キルギスに自立支援センターを設立する。
2016年には視覚障害者福祉に最も尽力した者に贈られる塙保己一賞を受賞。
同じく障害者の自立支援等に尽力した者に贈られるヤマト福祉財団小倉昌男賞も受賞したが、その副賞として手にした100万円で「ヒカリカナタ基金」を創設。
貧しさが故に一生目の不自由な人生を強いられるアジアの子どもたちに治療費を送り続けている。

ゲスト
ソプラノ 瀬尾あかね
作曲家・ピアニスト 吉井江里
映画監督 山本守
コントラバス 溝入敬三

竹内昌彦氏の代表的著書「見えないから見えたもの」は、2年前支援者の呼びかけで映画化され、全国の教育の場や福祉イベントなどで上映されています。その美しい挿入歌、「点字のラブレター」を歌った福山の歌手、瀬尾あかねさんと同映画の監督、山本守氏も来館。講演会ステージを盛りあげてくださいます。

整理券配布場所 リーデンローズ・福山市文化課・各支所・分室・公民館・スガナミ楽器本店・天満屋福山店プレイガイド・久松レコード・ツタヤ新涯店,伊勢丘店,松永店,府中高木店・フジグラン神辺

主催 公益財団法人ふくやま芸術文化振興財団 ふくやま芸術文化ホール
協賛 福山祭委員会
お問い合せ リーデンローズチケットセンター 電話番号084-928-1810


  • このページのトップへ
  • 前のページへ戻る