ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ローズマインドシティ福山の実現に向けて the rose mind


福山から、ローズマインドを!

福山市市制施行100周年記念事業
託されたばらプロジェクト100年 今までもこれからも

目的

イメージイラスト私たち市民は、福山にゆかりのある多くの方々とともに、市制施行100周年という
大きな節目を迎えることを喜び祝う。地域の発展に貢献されてきた方々に感謝と敬意を持って、これまでの歩みを見つめ直し、「ふるさと福山」への愛着と誇りを高める。
また、子どもから大人まで全ての市民が力を合わせ、福山の魅力を再発見・創造し、発信することで、更なる飛躍を目指す。そして、だれもが「豊かさ」を実感でき、日本一、住みやすいまちを実現していく。

※市民…福山市に在住、在学、市内の企業に勤務しているすべての個人、団体、企業

目標

100周年記念事業への全員参加

「100万本のばらのまち福山」の実現

テーマ:わたしたちが大切にしたいこと

継承時をかさね、想いをかさねて、
ふるさと福山が、ここにある。

先人たちが、未来の私たちに想いを馳せ、育んでくれた福山。
時に激しく、時に優しく流れる時間の中で、悲しい色、ときめく色、、、
多彩な色を先人たちがかさねて今があります。
これまでの「かさね」を一枚一枚めくると見えてくる本当の福山。

創造・発信イメージ彩をかさね、今の時を織り込み、
新しい福山を世界へ

まちに潜在する能力や魅力。
一輪のばらに花言葉があり、花束になることで違う花言葉が生まれるように、
一つひとつは小さくとも、出会いと競演することで生まれる新たなる価値。
届けよう福山を、ばらの花束に想いを乗せて。

飛躍イメージ子どもたちの未来を明るく照らす
ばら色の灯り

先人たちから託された「ばらのまち福山」が進むべき道。
これまでは別々に歩いてきた道も、これからは、みんながかさなり時を
刻み歩んでいくことができます。未来を照らすばら色の灯りを道しるべに。

記念事業概要

1.記念式典

○ 市制施行100周年記念式典

2.記念イベント

○ 市民提案型イベント
○ 地域まちづくりイベント(市民協働のイベントを通じて、地域の魅力の再発見)
○ 都市間連携(親善友好都市:岡崎市、同年100周年:尼崎市)
○ 歴史・文化・音楽・スポーツなどによる100周年記念イベント

3.記念事業の広報・PR事業

○ 市のイメージキャラクターなどによるPR
○ 市民参加を促す広報
○ わがまち福山の魅力発信事業(福山の魅力を広く市内外へ発信)
○ 100周年記念協賛事業

4.記念出版・映像

○ 記念冊子・写真集など

5.未来へつながる取組

[ハード]これまでの100年から次の100年へとつながる全市民の財産となる施設
[ソフト]未来への希望につながる事業

ローズマインド福山のこころ
みんなでつくるばらのまち
イメージキャラクターローラちゃん