ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ばらのまちホーム > トピックス > トピックス詳細 > 5月21日「ばらの日」100万本のばら達成記念イベント実施(報告)

5月21日「ばらの日」100万本のばら達成記念イベント実施(報告)


ギネス世界記録®町おこしニッポンロゴ

2016年(平成28年)5月21日,「福山市ばらのまち条例」の制定後初めて迎えた「ばらの日」に,市と市民が一体となって取り組んできた「100万本のばらのまち福山」がついに実現いたしました。当日は「100万本のばら達成」を記念して様々なイベントが実施されました。

21日午前,緑町公園には,1,000人を超える多くの市民の皆様の参加のもと,「ギネス世界記録™町おこしニッポン」の企画として,「同時にブーケ(花束)を贈り受け取った最も多いペアの数」(「Most pairs presenting and receiving bouquets simultaneously」)という記録に挑戦し,見事539組(1,078人)の世界記録を樹立することができました(546組参加が参加し,7組は残念ながら失格)。

そして,参加者には市制施行100周年記念ばら「ローズマインドふくやま」を贈り,その約1,000本のばらをもって100万本のばらが達成いたしました。

戦後復興を願い,現在のばら公園に約1,000本のばらが植えられたことにはじまり,市民が一丸となって約60年の歳月をかけてめざしてきた「100万本のばらのまち福山」がついに実現しました。達成を記念して同会場のローズヒルでは,ばらの愛好団体主催のもと,「ローズマインドふくやま」の苗約100本が植栽されました。

21日の午後からは,リーデンローズにおいて,「100万本のばらのまち福山応援大使」である加藤登紀子さんと市民による100万本達成記念音楽祭を開催。フィナーレでは加藤さんと約100人の市民コーラス隊が「百万本のバラ物語 福山バージョン」を合唱し,会場の多くの皆様とともに音楽でお祝いすることができ,市制施行100周年100万本を喜び祝える,まさに歴史に残る1日となりました。

今後,福山市において5月21日「ばらの日」は,「100万本のばらの達成の日」であり,「ギネス世界記録達成の日」でもある,福山市にとって大切な日として毎年迎えることとなります。

当日披露された「100万1本目」のばらは未来のばらのまち福山に想いを託す意味を込めて市制施行100周年記念日である「7月1日」にばら公園に植えられる予定です。

☆ ギネス世界記録に関する詳細はこちら (http://www.guinnessworldrecords.jp/

5月21日「ばらの日」に参加したばらのイメージキャラクター「ローラ」の活動日記にも当日の様子を掲載しておりますのでぜひご覧ください。

☆ ローラの活動日記はこちら (http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/rosetownfukuyama/22431.html

5月21日画像

ローズマインド福山のこころ
ローズマインド宣言
イメージキャラクターローラちゃん