ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

消火器の訪問点検にご注意!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月24日更新
消火器の不正な点検や、高額請求の被害が発生しています。
悪質な点検業者

トラブル事例

 「消火器の点検に来ました。」と言って点検業者が会社窓口に現れ、出入りの点検業者だと思い点検を承諾し、契約書の内容をよく見ずにサインをした。
消火器をすべて集めて持ち去り、数時間後、消火器を持ってくる、薬剤詰替え代金の支払いを求められたが、不当に高額であった。

 

訪問点検の手口

 出入りの消火器点検業者を装い,訪問前に電話をかけて信用させます。

 ・事前に電話で「消火器の点検に伺います。」と連絡する。
 ・電話をした後に「消火器の点検に来ました。○○さん(電話受付者)の了解を得ています。」と言って点検を実施した
  り, 消火器の回収をする。

内容を説明せず書面に署名、押印を求めてきます。

 ・契約書を提示してサインを求めます。

 

≪点検を承諾する前に契約業者であるかしっかり確認しましょう。!≫

トラブル防止のポイント  

● 身分証明書等の提示を求める。
● 契約書にハンコを押さない。 
● はっきりと点検を拒否する。

高額請求や居直り・脅迫を受けたら,警察・消防に連絡しましょう。

                                消火器のイラスト

もし、気づかずにサインや点検を承諾してしまっても…

◎ 請求金額の値引きを要求すると、契約を認めたこととなるので言わない。
◎ 料金をその場で支払ったり、払う約束は絶対にしない。
◎ 点検業者のまぎらわしい表現等に対して契約の無効を主張する。

  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る