ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ふくやま観光・魅力サイト - 観光スポット > 観光スポット > 史跡 > 廉塾・菅茶山旧宅(れんじゅく・かんちゃざんきゅうたく)

廉塾・菅茶山旧宅(れんじゅく・かんちゃざんきゅうたく)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

廉塾・菅茶山旧宅

江戸時代後期の儒学者・菅茶山(1748~1827)は現在の福山市神辺町に生まれ,19歳のときに京都で朱子学を学び,その後ふるさとに帰って,のちに「廉塾」と呼ばれる私塾を開きました。全国から常時20人ほどの塾生が学び,頼山陽が塾頭を勤めていたこともありました。

1953年(昭和28年)に国の特別史跡に指定されました。

現在も当時の講堂や寮舎,居宅・書庫などが残っており,講堂の前には塾生が筆や硯を洗ったといわれる水路や菜園,養魚池も当時の姿のまま残っています。

住所福山市神辺町川北640-3
電話番号084-963-2230(神辺町観光協会)
時間土曜日・日曜日・祝日 午前10時~午後4時,平日及び団体は1週間前に要予約
休みお盆・年末年始
料金等個人
土曜日・日曜日・祝日は無料
団体
有料
アクセスJR福塩線 神辺駅から徒歩15分