ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ふくやま観光・魅力サイト - 観光スポット > 観光スポット > 史跡 > 葛原しげる童謡歌碑(くずはらしげるどうようかひ)

葛原しげる童謡歌碑(くずはらしげるどうようかひ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

葛原しげる童謡歌碑

「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む~♪」

という童謡でおなじみの葛原しげるは,現在の福山市神辺町八尋生まれ。祖父は盲目の琴の名手,葛原勾当。

1903年(明治36年),福山中学校(現在の福山誠之館高校)を卒業後,東京高等師範学校(現在の筑波大学)に進学し,卒業後は教諭として働きながら唱歌も発表していました。数多くの童謡とともに全国約400校の校歌も手掛けています。

1945年(昭和20年)神辺に帰郷し至誠高女(現在の戸手高校)の校長に就任。
地元の人からはニコピン先生と呼ばれ親しまれていました。子どもにはいつもニコニコ笑顔でピンピンしていてほしいと願い,自らも実践したのでそう呼ばれていたそうです。

葛原しげるの代表作である「夕日」。この詩,当初は「きんきんきらきら」でしたが,当時小学校2年の長女に「それでは朝日。夕日はぎんぎんぎらぎら」と言われて変更したという逸話もあります。

代表作は他にも「とんび」「キューピーさん」など多数あります。神辺町八尋の葛原邸前には「夕日」の童謡碑があります。

住所福山市神辺町八尋
電話番号084-963-2230(神辺町観光協会)
時間第1週から第4週の土曜日・日曜日・祝日 午前10時~午後4時,平日及び団体は1週間前までに要予約
休み平日と第5週の土曜日・日曜日
料金等

個人
土曜日・日曜日・祝日は無料
団体
有料

アクセス井原鉄道 御領駅から徒歩20分