ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岩屋権現(いわやごんげん)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

岩屋権現

地殻変動によってできた大きな石灰岩巨大礫の洞窟の中にある,式内社・多祁伊奈太岐佐耶布都(たけいなだきさやふつ)神社。別名「岩穴宮」とも呼ばれ,素盞嗚尊が八岐大蛇を退治したときに用いた剣がまつられていたという伝説があります。

古来福山藩主が直参した由緒ある宮とも伝えられています。宮を覆うこの巨大礫は,高さ30m,幅33m,奥行き約35mで,その下は洞窟になっており,天井からは鍾乳石が垂れ,その直下には石筍が成長しています。

広島県の天然記念物に指定されています。

住所福山市山野町
電話番号084-928-1043(観光課)
時間常時
休みなし
料金等なし
アクセスJR福山駅南口から井笠バス中国中央病院線「中国中央病院」で北辰バスに乗換「岩屋権現」下車 徒歩15分