ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 中央手術部について > 手術看護の未来と展望

手術看護の未来と展望

これからの私たちの展望・目指すもの
向上するために

医学は日進月歩です。1年も経てば最新の治療方針が変わります。その変化に私たち手術看護師も付いていかなければなりません。そのために、私たちは新しい手術手技・器械の勉強会を実施しています。
また、定期的に医学、手術、麻酔に関する勉強会を行い、向学に励んでいます。
当院手術室では毎朝、リーダー看護師が麻酔科カンファレンスに参加し、医師が考える患者さまの麻酔上の問題点のさまざまな情報を得て、手術に就くスタッフに伝達し、情報の共有を行っています。

術前カンファレンスの様子

また、手術室看護師の発案と主催により定期的に症例検討会を行い、患者さまの術前から術後までの経過を発表し、術前に立てた看護計画や、術後評価を検討し、それを全体が共有することで、手術看護の向上に向け努力しています。
 さらに、毎年全国で開催される、日本手術看護学会、日本手術医学会、整形外科AOセミナーなどにも参加し、積極的に最新の手術看護の情報を得ております。
手術は「チーム医療」の最たるものです。外科系医師、麻酔科医師のみならず、手術看護師も手術に関しての意見をどんどん発言する事で、よりよい患者さまの手術の成功へ導く事が出来るよう最大限責務を果たしていきたいと考えております。

むすびに ~私たちのミッション~

手術室という環境は、事実、特殊な環境です。清潔区域とされ、マスク、帽子、ガウンを装着していない人間は立ち入ることができません。患者さまにとって はとてもプライベートな空間でもあります。その性質上、手術室という環境は孤立しがちです。しかし、患者さまにとって、人生での大きなイベントであり、そ の生命を託された手術室が孤立しているのが、本当に正しい姿なのでしょうか。これからの手術室はもっと、患者さまやおよびそのご家族にとって身近なものに なることが望まれます。またそれは病棟看護師にも同じことがいえます。手術の事は入って見なければ分からないではなく、手術室では何が行われているのか、何のためにそうしているのか、といった、手術室で行われる事に関して病院内はもとより、社会にアピールしていけたらと考えております。


ページトップへ戻る