ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

くわいぽたーじゅスープ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月4日更新

申請者:有限会社 ぬまくま夢工房

 
くわいポタージュスープ

基本情報

・内容量    70g(1包 14g×5袋)
・価格     500円(税込)
・賞味期限  製造日より1年間
・販売場所  福山駅おみやげ街道,
         福山ニューキャッスルホテル,
         道の駅アリストぬまくま,
         ともてつバスセンター
・URL      https://numakuma-yume.com/
・問合せ    084-922-4870

生産量日本一を誇る福山市の特産品「くわい」を使ったポタージュスープです。
大きさや形が不揃いなことを理由に出回らなくなった”くわい”を有効利用し,商品化しています。
くわいは旬が限られていますが,粉末状にすることで年中食せるものとしています。
芽が出る,めでたい縁起物としてお正月などの限られたときにしか食卓に並ぶことのなかったくわいを全国的に広め,福山市の知名度を高めることを目的としている商品です。

ビジネス手土産ポイント

・くわいポタージュスープは粉末飲料のため,湯で溶くだけですぐにお召し上がりいただけます。
・1食分ごとの個包装となっており,1袋5食入りです。
・価格は税込500円と手ごろで,賞味期限も製造日より1年と日持ちします。

福山らしさ

福山市は日本一のくわい産地ですが,くわいそのものは一般的にみると認知度の低い野菜です。
パッケージはレトロ調で,くわいの高級感を損なわないデザインに仕上げ,くわいの説明や読みがなクイズなど楽しめる情報を掲載しました。
さらに,パッケージのQRコードからは産地情報にアクセスできるような仕掛けも施されています。

エピソード

福山市が生産量日本一のくわいは,実から立派な芽が伸びた特徴的な形から「食べると芽が出る」縁起物として,正月のおせち料理に登場する高級野菜です。
福山ではよく素揚げや煮物など冬の食材として食べられていますが,全国的にはおせち料理以外であまり使われることがないため,その味や生産量日本一ということを多くの人に知ってもらいたい,と思ったことが開発のきっかけだそうです。
  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る