ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 福山市夢・未来プロジェクト > これまでの支援 > 2019年度 > 島谷憲史郎さんの夢へのチャレンジ!(夢:脳神経外科医になって笑顔の花を咲かせたい!)
お知らせなど
プレゼン大会の様子
これまでの支援

本文

島谷憲史郎さんの夢へのチャレンジ!(夢:脳神経外科医になって笑顔の花を咲かせたい!)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月6日更新

島谷憲史郎さん(近畿大学附属広島中学校福山校1年)×福島孝徳さん(脳神経外科医)

夢・未来プロジェクト2019の支援対象となった近畿大学附属広島中学校福山校1年の島谷憲史郎さん。

夢は,「脳神経外科医になって笑顔の花を咲かせたい!」

夢の実現のためにチャレンジしたいことは「実際の脳病院の見学やドクターの話を聞いてみたい!」

島谷さんの夢へのチャレンジを支援してくれたのは,なんと「世界一の脳神経外科医」と賞賛されている福島孝徳先生です。
アメリカを拠点に活動されている福島先生は,「鍵穴手術」の考案者であり,現地では「神の手」や「The Last Hope」と呼ばれ,これまで多くの患者さんの命を救ってこられました。手術のために来日された際には,全国を駆け巡り,毎日手術などを行われています。

支援の様子

日時:2019年(令和元年)10月26日(土曜日)10時30分~14時
場所:厚地脳神経外科病院

  対談の様子   対談の様子

   手術見学の様子   手術見学の様子                                                   

福島先生から,対談や外来対応の見学を通して,脳神経外科医としての心構え等を学び,手術見学もさせていただきました!!

体験した中学生からは,
「憧れであり目標でもある福島先生のお話を聞いたり,手術を見せていただいたり,例えるなら金色の一日でした。先生の,患者さんに笑顔で寄り添いながら診察されている姿や、血液一滴を大事にしながら手術をされている姿が印象的でした。先生から、『一に努力,二に努力,三に努力,四も努力』『人生は勉学』と,努力することが何よりも必要だということを学びました。これから,この事を頭の中に入れて,夢に向かって頑張ります!」
などの感想がありました。 

この経験を活かして,夢に向かって頑張ってくださいね!