ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 「日本遺産鞆の浦魅力発信協議会」を設立しました

本文

「日本遺産鞆の浦魅力発信協議会」を設立しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月12日更新

 今年5月、鞆町の近世港町をテーマとしたストーリー「瀬戸の夕凪が包む 国内随一の近世港町 ~セピア色の港町に日常が溶け込む鞆の浦~」が「日本遺産」に認定されました。

 日本遺産に認定された有形・無形の文化財や伝統文化等を総合的に活用することで、地域の活性化や国内外への情報発信、観光振興を図ることを目的に、7月2日、「日本遺産鞆の浦魅力発信協議会」を設立し、設立総会と第1回協議会を開催しました。

第1回協議会の様子

 協議会は、福山市、福山市教育委員会、福山市文化財保護審議会、福山市伝統的建造物群保存地区保存審議会で構成。設立総会では、規約が承認されたほか役員の選任が行われました。

日本遺産鞆の浦魅力発信協議会設置規約 [PDFファイル/154KB]
協議会委員名簿 [PDFファイル/78KB]

 設立総会後には、第1回協議会を開催。平成30年度の事業計画、収支予算の審議・承認がされました。今年度の主な事業としては、鞆の浦の魅力を伝える映像制作などの情報発信事業、現地ガイド育成などの人材育成事業、記念シンポジウムの開催などの普及啓発事業、未指定文化財の調査などの調査研究事業、ロゴ&サイン制作などの公開活用のための整備に係る事業に取り組んでいくことが承認されました。

 今後各事業を展開していくため鞆町内会連絡協議会や福山商工会議所、福山観光コンベンション協会などで構成される企画運営会議を立ち上げ、観光事業化、人材育成、情報発信の3つのワーキンググループを設置し、鞆の浦の魅力発信に取り組んでいきます。

認定されたストーリーについてはこちら!

日本遺産ポータルサイト(文化庁)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)