ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 日本遺産鞆の浦タイムズVOL.1(2018年度の取組報告)

本文

日本遺産鞆の浦タイムズVOL.1(2018年度の取組報告)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月1日更新

 2018年5月,鞆の浦の近世港町をテーマとしたストーリー「瀬戸の夕凪が包む 国内随一の近世港町~セピア色の港町に日常が溶け込む鞆の浦~」が国内65番目の日本遺産に認定されました。それ以来,福山市では日本遺産鞆の浦魅力発信協議会を設立し,地元の住民の皆様や関係事業者の方々にご協力いただきながら,鞆の浦の魅力の掘り起こしと情報発信,観光振興,地域活性化のために様々な取組を行っています。
 皆様により深く鞆の浦について知っていただくため,認定からこれまでの取組成果を「日本遺産鞆の浦タイムズVOL.1」としてまとめましたので,ぜひご覧ください。

日本遺産鞆の浦タイムズVOL.1(おもて) [PDFファイル/747KB]
日本遺産鞆の浦タイムズVOL.1(うら) [PDFファイル/621KB]

鞆の浦タイムズ表鞆の浦タイムズ裏

日本遺産鞆の浦のPR動画「鞆の浦 Japan Heritage」

 日本遺産に認定された鞆の浦の魅力を市内外に発信するためのPR動画を制作しました。

 この動画は,地元の住民の皆様や関係事業者の方々とコンセプトや撮影素材等を検討し,地元映像クリエーターにより撮影・編集を行いました。江戸時代から残る港湾施設や町並みの中に,人々の暮らしが息づいている情景を,ゆったりとしたテンポで切り取っています。
 この動画を通じて,広く日本遺産鞆の浦を発信するとともに,市民の皆様にも鞆の魅力を再発見していただきたいと思っています。

認定されたストーリー

日本遺産「福山・鞆の浦」ロゴマークをご活用ください!

 2018年度の取組の中で,日本遺産「福山・鞆の浦」を象徴するロゴマークが完成しました。
 茅の輪を身につけると疫病から身を守ることができるという「蘇民将来」伝説が古くから伝わる鞆の浦では,あちこちの家の軒先に茅の輪が飾りつけられています。このロゴマークは茅の輪に守られた鞆の浦をイメージしてデザインされています。

日本遺産「福山・鞆の浦」ロゴマークの使用についてはこちら

鞆の浦ロゴマーク

日本遺産ポータルサイト

 日本遺産「福山・鞆の浦」のみどころやイベント・講座などの情報は随時日本遺産ポータルサイト(文化庁公式)に掲載しています。

日本遺産ポータルサイト(文化庁公式サイト)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)