ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 福山城跡(ふくやまじょうあと)

本文

福山城跡(ふくやまじょうあと)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

国指定史跡 昭和39年(1964年)2月7日

 元和5年(1619年)安芸・備後の領主福島正則の改易により,備後10万石の領主として大和郡山より転封してきた水野勝成が構築した近世城郭である。
 勝成ははじめ神辺城にいたが,領内を巡視し,野上村常興寺山を城地に選定,築城をはじめた。元和8年(1622年)8月に竣工し,勝成はその15日に入城,城号を敵追山(鉄覆山)朱雀院久松城またの名を葦陽城ともいい,城下を福山と命名したと伝える。
 城郭は平山城で,東,南,西は二重の堀をめぐらし,北は吉津川を通し,小丸山(市史跡),天神山
(松山),永徳寺山が天然の防塁となっている。現在三の丸,堀などはほとんど失われているが,本丸,二の丸はよく旧態をとどめている。
 建造物としては,昭和20年(1945年)の空襲でほとんど焼失したが,伏見城から移築したと伝えられる伏見櫓(重文),筋鉄御門(重文)が現存しており偉容を示している。天守閣,湯殿,月見櫓は昭和41年(1966年)に,鏡櫓は昭和48年(1973年)に再建されたもので,鐘櫓(市重文)は昭和54年(1979年)に修復されたものである。
 福山城は「西国の鎮衛」たる城主の居城にふさわしい威容を示し,城郭史上価値ある遺構である。

所 在 地丸之内一丁目
構造・年代元和5年(1619年)
関連施設名称福山城博物館 
開館時間9:00から17:00(入館は16:30まで) 
休館日月曜日(祝・休日の場合は翌日),年末 
入館料200円,高校生以下無料
団体160円(20名以上)
※特別展観覧料は別料金
所在地丸之内一丁目8番 
電話番号084-922-2117 

福山城