ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 伝足利義昭居館跡「蔀山」(でんあしかがよしあききょかんあと「しとみやま」)

本文

伝足利義昭居館跡「蔀山」(でんあしかがよしあききょかんあと「しとみやま」)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定史跡 昭和39年(1964年)3月31日指定

 室町幕府最後の将軍足利義昭は、織田信長に京都を追われ、天正4年(1576年)2月8日、毛利氏を頼って鞆に到着している。毛利氏は同年5月13日に至って義昭の命を奉ずることを決意し、毛利氏によって鞆に居宅がつくられた。その後、義昭は天正16年(1588年)上洛するまでの間、鞆のほか津之郷にも居館をかまえたと伝えられる。
 また、深津の蔀山にも居館があり、義昭がふたたび備後に下って隠退生活を送ったところと伝えている(福山志料)が、義昭が再び備後に下った確かな証拠がなく、鞆か津之郷在館中の別邸ではないかと考えられている。

所 在 地西深津町字松山

蔀山