ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 木造釈迦如来坐像(もくぞうしゃかにょらいざぞう)

本文

木造釈迦如来坐像(もくぞうしゃかにょらいざぞう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財平成15年(2003年)9月29日指定

 仏像の姿態バランスが良く整った作品である。像高に比して深い奥行きを持った重厚な仏像で,面や胸の奥行きの深さ,さらに腹の出っ張りはかなり誇張されたものである。このように肉付きはかなり豊かであるが,肉がだぶつくことなく引き締まり,堂々たる体躯を示している。
 制作時期については,時代を示す根拠に乏しいが,室町時代後期まで遡ることが可能である。    

所 在 地内海町 幢福寺
員    数1躯
構造・年代寄木造 室町時代後期
規模・法量像高50.5cm

木造釈迦如来坐像 幢福寺