ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 吉備津神社拝殿(きびつじんじゃはいでん)

本文

吉備津神社拝殿(きびつじんじゃはいでん)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財 平成15年(2003年)9月29日指定

 神楽殿(県重文)と本殿(国重文)の間に建つ大型の木造建造物で,本殿・神楽殿とともに慶安元年(1648年)に造り替えされたものである。棟通りの柱3本は,永和2年(1377年)年再建の本殿の角柱を2本ずつ継いで転用したものである。
 1961・1971年などに修理されているが,軸部や小屋組み等は当初材が良く残っている。内部には,中央部近くに1本の柱があり,拝殿の平面形式としては特異である。  

所 在 地新市町 吉備津神社
員    数1棟
構造・年代切妻造 銅板葺 慶安元年(1648年)
規模・法量桁行五間 梁間四間

吉備津神社拝殿