ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 福山城鐘櫓(ふくやまじょうかねやぐら)

本文

福山城鐘櫓(ふくやまじょうかねやぐら)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財 昭和54年(1979年)10月26日指定

  この鐘櫓は築城当時の福山城絵図面にも描かれている遺構で,上層にある鐘は城下や近隣諸村に”時の鐘”を告げ,また緊急時に武士を召集する太鼓も合わせ備えていた。
 明治以降,屋根の葺替えや附属の建物の後補など変容と荒廃が激しかったが,昭和54年旧規に修復(当時の柿【こけら】ぶきか桧皮【ひわだ】ぶきを銅板ぶきに改めた)された。
 城地内に鐘櫓が所在するのは全国的に稀である。

所 在 地丸之内一丁目 福山城
員    数1棟
構造・年代二階建,入母屋造(但し渡櫓は指定より除く)
江戸時代
規模・法量桁行4.26m,梁間4.209m
関連施設名称福山城博物館  
開館時間9時00分から17時00分(入館は16時30分まで) 
休館日月曜日(祝・休日の場合は翌日),年末 
入館料一般200円,高校生以下・65歳以上無料
団体160円(20名以上) ※特別展観覧料は別料金 
所在地福山市丸之内1丁目8番
電話番号084-922-2117
駐車場ふくやま美術館駐車場,ふくやま文学館駐車場ほか

福山城鐘櫓