ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 絹本著色両界曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだらず)

本文

絹本著色両界曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだらず)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財平成5年(1993年)12月24日指定

 この両界曼荼羅図は伝統的な手法により,重厚かつ精緻に描かれ,諸尊像は補筆や補彩もなく,よく保存されている。表装の最終や別に保存されている軸木二本の銘文により,この図幅は,応永11年(1404年)に求められたものであり,描かれたのはそれ以前と思われる。現在の表装は天保15年(1844年)のものである。室町時代初期の作。

所 在 地駅家町 福盛寺
員    数2幅
構造・年代室町時代初期 
規模・法量縦120.5センチ,横96センチ

金剛界曼荼羅図 福盛寺 胎蔵界曼荼羅図 福盛寺

左:金剛界曼荼羅図,右:胎蔵界曼荼羅図