ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 絹本著色金剛界・胎蔵界両部曼荼羅( けんぽんちゃくしょくこんごうかい・たいぞうかいりょうぶまんだら)

本文

絹本著色金剛界・胎蔵界両部曼荼羅( けんぽんちゃくしょくこんごうかい・たいぞうかいりょうぶまんだら)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財 昭和49年(1974年)3月14日指定

 曼荼羅は密教の世界観を示す諸尊集会の図で,修行を行う際に用いる。密教の根本経典である「大日経」による胎蔵界と「金剛頂経」による金剛界の2つがある。この両部曼荼羅図は細密な筆づかいで彩色手法もすばらしく,密教関係の資料として貴重なものである。室町時代中期の作。

所 在 地坪生町 西楽寺 
員    数2幅
構造・年代室町時代中期 
規模・法量各縦 81.5センチ,横 69.3センチ