ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 絹本著色不動明王像(けんぽんちゃくしょくふどうみょうおうぞう)

本文

絹本著色不動明王像(けんぽんちゃくしょくふどうみょうおうぞう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

県指定重要文化財 昭和46年(1971年)4月30日指定

 火焔光背を背にした不動明王を中心に脇侍として左に制た迦【せいたか】,右に矜羯羅【こんがら】の二童子を配して描かれている。絹本全体がくすぶりのため鮮明度を失っている個所もあるが,絹本には破れ目もなく保存の良い画幅である。軸金具は後補。室町時代中期のすぐれた作品。

所 在 地駅家町 福盛寺
員    数1幅
構造・年代室町時代中期 
規模・法量縦 120.0センチ,横 54.5センチ

絹本著色不動明王像 福盛寺