ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 木造毘沙門天立像(もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう)

本文

木造毘沙門天立像(もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

県指定重要文化財 昭和48年(1973年)12月18日指定

 一部に後補や磨滅がみられるが,材質の桧の木目を巧みに利用した秀作である。腰より半円形に垂れる腰緒には翻波【ほんぱ】式の彫法を用い,背中の冑尾垂れを短かくするなど時代の特徴をよく表わしている。鬼座・円光背・宝冠・持物及び鰭【ひれ】は後補。平安時代の作。

所 在 地神村町 毘沙門天収蔵庫
員    数1躯
構造・年代一木造 室町時代中期 
規模・法量像高66.5センチ 平安時代

木造毘沙門天立像 神村町