ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

本文

木造十一面観音立像(もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

県指定重要文化財 平成3年(1991)4月22日指定

 頭上に化仏10面を載せた観音で,天衣,上帛など写実性にたけ,作風も洗練されている。唇を開け,上歯4本をのぞかせ,両玉眼は微笑を浮かべ,観音像としては他に類例を見ない相好のもので,仏教信仰史上注目すべき作例であり,また彫刻史的にも貴重である。室町時代の作。

所 在 地鞆町 地蔵院
員    数1躯
構造・年代寄木造 
室町時代 
規模・法量像高145.7センチ

木造十一面観音立像 地蔵院