ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 木造制た迦・矜羯羅童子立像(もくぞうせいたか・こんがらどうじりゅうぞう)

本文

木造制た迦・矜羯羅童子立像(もくぞうせいたか・こんがらどうじりゅうぞう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財 平成5年(1993年)12月24日指定

 制た迦童子(1)は,目には玉眼を嵌め,肉身は朱彩とし,両肩に纏う天衣・裳には,群青・緑青・朱・白・金色などを用いて菊花文・羯磨【かつま】文・龍などを緻密で色鮮やかにあらわす。小像ではあるが,彫技の巧みさに優れ,力強さが感じられる。
 制た迦童子(2)は,目には玉眼を嵌め,肉身は朱彩とし,天衣・裳には制た迦童子(1)と同様に色鮮やかに唐草文・獅子・龍などをあらわす。
 矜羯羅童子(1)は,目には玉眼を嵌め,肉身は白色を施し,天衣・裳には色鮮やかに唐草文・輪宝文・獅子などをあらわす。虚ろで愛念の相を巧みに表現した優作である。
 矜羯羅童子(2)は,目には玉眼を嵌め,肉身は白色を施し,天衣・裳には色鮮やかに唐草文・迦陵頻伽【かりょうひんが】などをあらわす。彩色技法にも優れた点が認められる。4躯とも江戸時代初期の作。 

所 在 地草戸町 明王院
員    数4躯
構造・年代寄木造 
江戸時代初期
規模・法量制た迦童子:(1)像高53センチ,(2)像高66.センチ
矜羯羅童子:(1)像高51.5センチ,(2)像高66.センチ