ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 文化振興課 > 横山家文書(よこやまけもんじょ)

本文

横山家文書(よこやまけもんじょ)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

市指定重要文化財 昭和39年(1964年)3月31日指定

 中世末期,津之郷町小森にあって当地方の有力武士の一人であった横山備中守関係の書状で17通を1巻に仕立てている。
 戦国末期から桃山時代にかけて,神辺城主杉原氏や毛利家との関係を示すもので,当時の備南地方の形勢を推測するうえできわめて貴重な史料である。

所 在 地津之郷町 個人蔵(福山城博物館 寄託)
員    数1巻
構造・年代書状17通を1巻に仕立てている
戦国時代末期から桃山時代