ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 中部生涯学習センター > 西学区放課後子ども教室【2015年1月22日更新】

本文

西学区放課後子ども教室【2015年1月22日更新】

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月22日更新

2014年9月11日

西学区放課後子ども教室 西学区放課後子ども教室

 2014年9月11日木曜日は,西学区の放課後子ども教室を訪問しました。この日は,ワクワク学び隊として福山市立大学から来てくれた学生さんは6名です。広い体育館に子どもたちがやってくると,まずは絵本の読み聞かせをしてくれました。楽しいお話を2冊,子どもたちは最後まで一生懸命聞いていました。
 そして次はお待ちかね,今回のメインであるカッチンくんの制作です!カッチンくんとは,ペットボトルの底を使って作った楽器です。作り方はとっても簡単,ペットボトルの底の部分を切り取って,両端に穴を開けます。その穴にゴムを通し,色とりどりのビニールテープで思い思いに飾り付けをしたら,カッチンくんの完成です。2つ作って両手に持ち,音楽に合わせてリズミカルに叩いてカチカチ鳴らすと,なんだか楽しい気持ちになってきます。作ったカッチンくんをおみやげに,子どもたちが元気よく帰っていく姿を見守りながら,この日の放課後子ども教室は終了しました。
 

2012年9月20日

西学区放課後子ども教室の様子2 西学区放課後子ども教室の様子1

 西小学校(体育館,図書室等)を主な会場として,週3回程度開催されています。
 写真は2012年9月20日,福山市立大学教育学部の表現ボランティアサークル「ショコラ」が「カッチンくん」というペットボトルの底を再利用した楽器作りを教えに来てくれました。
 大学生のお兄さんお姉さんに教えてもらいながら,楽器を作るためにペットボトルを切ったり,切り口が危なくないようにテープを貼ったりと,子どもたちは真剣に説明を聞き,丁寧に作っていきます。完成すると,「カッチンくん」を使って音楽に合わせてみんなでダンス!体育館に「カチカチ」と気持ちの良い音が鳴り響いていました。