ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 動物愛護センター > 犬・猫の不妊・去勢手術をしましょう

犬・猫の不妊・去勢手術をしましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月26日更新
動物愛護センターには,「飼い犬・飼い猫が子供を産んだが育てきれない。引き取ってほしい」という相談が持ち込まれることがあります。
これは,不妊・去勢手術をしていれば,防ぐことができた問題なのです。
犬の写真

手術はかわいそうだから…
不自然なことはしたくない…
1回くらい子どもを産ませてあげたい…
オスだから手術は必要ない…

…という理由で,手術を受けさせないでいる飼い主さんは少なくありません。

犬は生後6ケ月から9ケ月で子どもを産めるようになります。
メスの犬は,約6ケ月間隔で発情し,1回の出産で5頭から10頭の子犬を産みます。

猫は生後4ケ月から12ケ月で繁殖できるようになります。
猫は1回の出産で4頭から8頭の子猫を産み,1年に2回から4回の出産が可能です。

不妊・去勢手術をすると,病気の予防や,性行動の欲求から解放されストレスが減るなど,多くのメリットがあるといわれています。
不幸な子犬・子猫を増やさないためにも,「不妊・去勢手術(繁殖制限措置)」をしましょう。

不妊・去勢手術の効果

●犬の場合 

メスオス
・病気の予防になる
(子宮蓄膿症,卵巣腫瘍,乳腺腫瘍など)
・望まない妊娠を防ぐことができる
・出血がなくなる
・オスが寄ってこなくなる
・病気の予防になる
(前立腺の病気,精巣の腫瘍,肛門周囲の腫瘍など)
・攻撃性が低下する
・性格が穏やかになる
・むだ吠えが減る

●猫の場合

メスオス
・病気の予防になる
(子宮蓄膿症,卵巣腫瘍,乳腺腫瘍など)
・望まない妊娠を防ぐことができる
・発情時の異常な鳴き声を出さなくなる
・ほとんどの場合,尿スプレー行動をやめる
・攻撃性が低下し,ケンカが減る
・ケンカが原因でうつる感染症が減る
(猫エイズ,猫白血病)
・性格が穏やかになる
・家出が減り,交通事故が防げる