ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 廃棄物対策課 > 7.高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の処理方法

本文

7.高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の処理方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月10日更新

 

高濃度PCB廃棄物の処理は,中間貯蔵・環境安全事業株式会社(以下,「JESCO」という。)北九州PCB処理事業所に設置された処理施設により,適切・確実に行われています。

 

高濃度ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処理期限

高濃度PCB廃棄物の処理施設であるJESCO北九州PCB処理事業所の処理期限は,次の表のとおりです。

JESCOに対して高濃度PCB廃棄物の処理委託を行う期限として,計画的処理完了期限が定められています。この期限までに保管中の高濃度PCB廃棄物及び使用中の高濃度PCB含有機器等の処分をJESCOに委託してください。

 

【高濃度PCB廃棄物の処理期限等】

種類

処分場所

計画的処理完了期限

トランス類

コンデンサ類

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州処理事業所

(ホームページにリンクしています。)

 

所在地:福岡県北九州市若松区響町一丁目

電話番号:093-522-8588

2019年(平成31年)3月31日

安定器等・汚染物

2022年(平成34年)3月31日

 

 

トランス類・コンデンサ類の計画的処理完了期限は2019年(平成31年)3月31日とされていますが,1日でも早い処理の完了に向けて,保管事業者による早期処理を促進するため,国及びJESCOでは,小型のトランス類・コンデンサ類の処理料金の値上げを検討しています。値上げ時期は,2017年(平成29年)4月からとなる見込みです。

現在の予定では,現行の処理料金で処分を委託するには,2016年(平成28年)10月までにJESCOに機器登録を行った上で,速やかに処理委託契約の手続きを進める必要があります。

保管中又は使用中のトランス類・コンデンサ類で,本市への届出やJESCOへの登録がされていない機器を保有している事業者の方は,お持ちの機器が高濃度PCBに該当するかどうかを確認し,該当する場合は,本市に届出の上,早急に処理手続きを進めてください。

 


高濃度PCB廃棄物の処理の手続き

JESCOへの機器登録・荷姿登録

処分を委託するにあたっては,事前に,処分を委託する機器等の情報をJESCOへ登録する必要があります。まだ登録を行っていない保管事業者の方は,急いで登録を行ってください。

JESCOでは,中小企業者等の方々の処理費用を軽減する「中小企業者等の負担軽減措置」や,「PCB廃棄物処理委託費用の分割払い制度」などを設けています。手続き等について,詳しくは,JESCO北九州PCB処理事業所へお問い合わせください。

 

高濃度PCB廃棄物の運搬

高濃度PCB廃棄物を保管場所や処分施設などまで運搬する場合には,PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン(環境省のホームページをご参照ください。)に沿って行う必要があります。

運搬を他人に委託する場合は,PCB運搬の許可を受けた特別管理産業廃棄物収集運搬業者に委託しなければなりません。JESCOへ運搬する場合は,JESCOの入門許可を持つ特別管理産業廃棄物収集運搬業者に委託してください。(入門許可を持つ特別管理産業廃棄物収集運搬業者については,JESCO北九州PCB処理事業所のホームページをご参照ください。)