ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保険年金課 > 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の徴収猶予について

本文

新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の徴収猶予について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月1日更新

新型コロナウイルス感染症の影響により国民健康保険税の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により収入に相当の減少があった方は,1年間,国民健康保険税の徴収の猶予を受けることができます。

担保の提供は不要です。延滞金もかかりません。

※徴収猶予期間における途中での納付や分割納付など,状況に応じて計画的に納付していただくことも可能です。

※国民健康保険税は新型コロナウイルス感染症の影響により収入の減少が見込まれる場合,減免措置がありますので,減免の要件に該当すると思われる場合,まずは減免申請をしてください。減免申請が却下となった場合や,減免後の(見込)税額を確認後,なお納付が困難な場合は,徴収猶予の申請をしていただくこととなります。減免制度についてはこちらのページをご確認ください。

 

要件

以下のA,Bのいずれも満たす方が対象となります。

A.新型コロナウイルス感染症の影響により,2020年2月以降の任意の期間(1か月以上)において,事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね2割以上減少していること。

B.一時に納付を行うことが困難であること。

※「一時に納付を行うことが困難」かの判断については,少なくても向こう半年間の事業資金を考慮に入れるなど,申請される方の置かれた状況に考慮し,適切に対応します。

 

猶予の対象となる国民健康保険税

2020年度1期から2020年度6期まで(7期までに延長予定)の国民健康保険税

※納付期限を経過した保険税についてはこの特例を利用することができません。

 

国民健康保険税を猶予する期間

1年間を限度として納税義務者が申請した期間

※1度猶予を適用すると,その後期間の延長はできません。

 

申請方法

申請する場合は,関連ファイルから様式をダウンロードしてご利用ください。

印刷環境がない場合は,保険年金課(084-928-1056)までご連絡ください。

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止及び予防のため,郵送での申請をお願いしています。

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)