ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保険年金課 > 国民健康保険(国保)のしくみ

国民健康保険(国保)のしくみ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

加入手続きをしないでいると

 国保では,加入資格ができた日から保険の給付を受ける権利と,保険税を負担する義務が生じます。
 資格があるにもかかわらず,加入手続きをせずにいると,最長3年さかのぼって保険税を納めなくてはならなくなります。
 まだ,手続きをしていない人は,早めにしてください。

選択できます~任意継続か国民健康保険

 定年や都合により会社などを退職し,社会保険などの資格がなくなる人は,その保険の任意継続(20日以内に届出)か国民健康保険かのいずれかを選択できます。
 詳しくは,会社か全国健康保険協会広島県支部(082-568-1011)などにお尋ねください。

2種類の健康保険に加入していませんか?

 国保へ加入されている人が会社等の健康保険に加入したり,その被扶養者になった場合は,必ず市役所への届出が必要です。
 他の健康保険へ加入すれば,自動的に国保がなくなるのではなく,必ず市役所への届け出が必要です。なお,その保険の加入の日にさかのぼって国保は使えなくなります。

国保をやめる届出が遅れると

 国保の資格がなくなったのに,届出が遅れ,うっかり国保の保険証を使って診療をうける人がいます。
 このようなときは,国保で負担した医療費(かかった費用の7割または8割)は,あとで返していただくことになりますのでご注意ください。

「学生用」の保険証に異動はありませんか?

 修学のため,他市町村に転出する場合は,学生用の保険証を交付します。次のものを持ってきて,届出をお願いします。
 [申請に必要なもの]
  ・現在交付されている国民健康保険証
  ・在学証明書
  ・窓口に来られる人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
  ・個人番号関係書類

 なお,学校を卒業したときは,早急に保険証を返還してください。