ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健所総務課 > 健康づくりNews Letter 第4回

本文

健康づくりNews Letter 第4回

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月21日更新

6月4日~10日は歯と口の健康週間

歯と口は健康・元気の源です。生涯,自分の歯でおいしく食べるために,各年齢に応じて次のことに気をつけましょう。

◎『乳幼児期』

食事・睡眠・運動などの生活習慣を身につける大切な時期です。むし歯を予防するため,規則正しい食習慣とともに「歯みがき習慣」や「かむ力」を育てましょう。

◎『学童・思春期』

永久歯への交換時期です。間食や夜食などによる食習慣の乱れから,歯みがきが不十分になり,お口のトラブルが発生しやすくなります。むし歯だけでなく,歯ぐきの病気に気をつけましょう。

◎『成人・高齢期』

成人の約8割以上がかかる歯周病は,歯ぐきが腫れる歯肉炎から始まり,歯を支える骨などが破壊されてしまう病気です。

近年の研究では,歯周病によって生活習慣病が悪化したり,歯を失うことで口腔機能が低下し,寝たきりや認知症の引き金になることが分かってきました。歯周病は自覚症状がないうちに進行するため,症状がないことに安心せずに,定期的に歯科健診を受けましょう。

年齢に関わらず,お口の健康も体の健康と同じように定期的に健診を受けることが大事です。

※市では,地域でお子様や成人の方を対象に,歯と口の講座を行っています。より健康に過ごせるよう,歯と口の健康に関心を持ち積極的に参加しましょう。

ふくっぴー はみがき

 

 

 

問 健康推進課928-3421