ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健所総務課 > 知っていますか? 救急車の出場件数が増加しています!

知っていますか? 救急車の出場件数が増加しています!

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月3日更新

みんなで守ろう!福山市の救急医療

9月9日(火)は「救急の日」

 救急業務に対する正しい理解と認識を深めるとともに,救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的として「救急の日」が設けられています。

 

救急車の適正利用を心掛け救急医療を守りましょう。

近年,全国的に救急車の出場件数が増加しており,本市でも同様に増加しています。

1日あたりの救急出場件数

救急車は,「病院へ緊急に搬送しなければならない病気やけがの場合」に利用するためのものです。緊急を要する病気やけがではないのに「便利だから」「交通手段が無いから」といった利用が増えると,本当に救急車が必要な人への対応の遅れにつながるおそれがあります。
救急車の適正利用を心掛け,みんなで救急医療を守りましょう。

 

119番が通じたら

慌てないで次のことをはっきりと伝えてください。

119番イラスト

○救急か火事か

○場所は…家庭であれば,住所・名前
        屋外であれば,所在地と分かりやすい目標など

○どうしてけがをしたのか,どんな状態で発病したのか

○今どんな状態か 

○けが人の数など

※あとは消防職員の質問に答えてください。

   ↓ 

心肺停止状態などの場合

消防局では,119番通報を受け,傷病者が心肺停止状態などで救命処置が必要な場合,救急車が到着するまでの間,消防職員が通報者に応急手当ての方法を指導しますので,その指示に従ってください。

   ↓

救急車のサイレンが聞こえたら

○できるだけ案内人を出して救急車を誘導する。

○救急隊に,到着するまでの容態の変化,応急手当ての内容,持病があれば病名とかかりつけの病院と主治医名を伝える。

 

関連行事として救命講習などが開催されます

救急救命士などを対象とした講習会を福山市医師会などが行うほか,次の場所で市民を対象として,医師による急病時の対策などの講演や心肺蘇生法に関する実技指導などを行います。

   心肺蘇生イラスト

日 時 9月11日(木)午後1時30分~3時35分

場 所 松永沼隈地区医師会 保健福祉センター

内 容 ○講演「小児の救急について」岡野 里香さん(JA尾道総合病院 小児科)

      ○講演「大人の救急について」突沖満則さん(尾道市立市民病院 麻酔科)

            ○実技講習「救急の実技体験 AEDの使い方」福山地区消防組合西消防署 

問い合わせ先 松永沼隈地区医師会事務局(電話933‐6299)


日 時 9月10日(水)午後2時~4時

場 所 神辺文化会館 小ホール

内 容 ○講演「渡航感染症について」柴田 和成さん(柴田内科)

             ○救急活動デモンストレーション「高エネルギー外傷における消防活動」福山地区消防組合深安消防署

             ○実技講習「心肺蘇生法 AEDの使い方」福山地区消防組合深安消防署

問い合わせ先 深安地区医師会事務局(電話966‐1760)


日 時 9月4日(木)午後1時30分~4時

場 所 府中市保健福祉総合センター「リ・フレ」

内 容 ○講演「救急当番の一日」花畑 哲郎さん(寺岡記念病院 外科部長)

      ○講演「救急隊の活動」福山地区消防組合府中消防署

            ○実技講習「AED実技指導及び心肺蘇生法」福山地区消防組合芦品消防署

問い合わせ先 府中地区医師会事務局(電話0847‐45‐3505)