ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 保健所総務課 > かかりつけ医をもつと安心です!

かかりつけ医をもつと安心です!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月12日更新

かかりつけ医をもつと安心です

かかりつけ医とは

かかりつけ医とは,日頃の健康管理やちょっと体調が悪くなったとき,相談に乗ってくれたり,診療してくれたりする,身近な地域のお医者さんです。
日本医師会総合政策研究機構の調査によると,現在2人に1人がかかりつけ医をもっているといわれています。
日頃から気軽に相談できる「かかりつけ医」を持つことが安心の第一歩です。
急に体調を崩したときや,気になることがあったら,まずはかかりつけ医へ相談してください。

 

かかりつけ医をもつと…

(1)日常の食事や運動などの健康相談が気楽にできる!

  相談が気楽にできる

 (2)患者の状態(病状・病歴・健康状態)をよくわかってもらえる!

  患者の状態を分かってくれる

 

 (3)必要に応じて適切な病院・専門医を紹介してもらえる!

  適切な病院を紹介してもらえる

 (4)病院等から退院して在宅で療養するときも安心できる!

  在宅でも安心できる 

上手な医者のかかり方

実際に診察となると,何から話をしていいのか分からないこともあると思います。
こんなときは次を参考にしてください。
(厚生労働省研究班作成)

上手な医者のかかり方10箇条

その1  伝えたいことはメモして準備

その2  対話の始りは挨拶から

その3  よりよい関係づくりはあなたにも責任が

その4  自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報

その5  これからの見通しを聞きましょう

その6  その後の変化も伝える努力を

その7  大事なことはメモをとって確認

その8  納得できないときはメモをとって確認

その9  治療効果を上げるため,お互いに理解が必要

その10  よく相談し,治療方法を決めましょう

 なるほど

 

 


  • このページの先頭へ
  • 前のページに戻る