ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 人権・生涯学習課 > 2018年度(平成30年度)子育てサポーターリーダー(ファシリテーター)フォローアップ研修会

本文

2018年度(平成30年度)子育てサポーターリーダー(ファシリテーター)フォローアップ研修会

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月24日更新

第1回フォローアップ研修会

 7月30日(月曜日)14時~16時 (場所:まなびの館ローズコム 大会議室)

 F:親プロHP更新①.jpg F:親プロHP更新②.jpg F:親プロHP更新③.jpg

 第1回目は,今年度からの新規教材である「親子コミュニケーション応援編」の説明の後,先輩ファシリテーターが進行役を行い,コ-3番(待つ門には福が来る?!)の模擬演習を行いました。

 ≪ファシリテーターのみなさんの感想≫

 ・はじめてこのプログラムのことを知った。

 ・母性をまだ知らない高校生にぜひやってみたい。

 ・子育ての基盤づくりを高校生の若い世代からやってほしい。

 ・今日のプログラムをいろんな場で活用していければよい。

 ・4コマ風で吹き出しがあるため,気持ちを考えやすい。

 ・何に着目したらよいのかがわかりやすい(どうしたらよいか,方向性が示されている→「何を」記入例があるため,何を書いたらよいのかわかりやすい)。

 ・見方を変えて,悪いことを良いことに変えていければよいのだとわかった。

  その後,グループ別に,ファシリテーターとしての悩みや疑問,今後の抱負について意見交換を行い,充実した研修になりました。

  ≪ファシリテーターとしての悩みや疑問≫

 ・名札をよくわかる位置へつけてもらう(名前を呼んであげられない)。

 ・シートに記入がなくてもあり。他の人が言っているときに書いてくれたらいい。

 ・付箋の使い方でメイン・サブの連携が必要。

 ・人の話を聞くのが好きなので,楽しみながらできている。

 ・3つ約束がすごくよい。

 ・意見があまり出ないときは,笑って雰囲気を盛り上げる。

 

 ≪今後の抱負≫

 ・メインファシリテーターを頑張りたい。

 ・メインを少しずつやっていこうと思う。

 ・発達課題のある子ども,気になる子どものいるような親・家庭,心に余裕のない親に対しては,民生委員と連携できればいいと思う。親プロが何か変わるきっかけになってくれるのでは。女性会(おばあちゃん世代)でやっても面白そう。

 

第2回フォローアップ研修会
 

◆第2回  3月15日(金曜日)14時~16時(場所:まなびの館ローズコム中会議室)

F:親プロHP更新④.jpg F:親プロHP更新⑤.jpg F:親プロHP更新⑥.jpg

 第2回目は,市場恵子先生に,「子どもの心に寄り添うために~いま,私たちおとなにできること~」を演題として,ご講演いただきました。

 その後,グループ別交流を行い,市場先生にも入っていただいて,意見交換をしました。

 ≪ファシリテーターのみなさんの感想≫

・子育ての中で,「こうすべき」「こうしなきゃ」と思いがちだけど,「がんばってるね」,さらに「よくやってるね」と声をかけたい。

・母親としての自分を振り返ってみた。孫育ての中で活かせるかも。

・アドバイスが押しつけになるかもしれないと思うと,「こうしたら?」という提案をするのは難しい。「こういう選択肢もあるよ~」という感じで伝えるなど,距離感の見極めも大切だと思った。

・自分の生き方,幸せに生きていることで伝えられることもあると思った。

・自分らしさ,自分を大事にするところからはじめたい。

・「親プロ」の講座が「自分ひとりじゃないんだ」と思える会にできたらいいなと思う。

・「親プロ」で自己肯定を学ぶことができた。

・市場先生のお話で救われた。心のスイッチがOnになった。

・自分が元気でないと相手も元気になれないと思う。

・歌で始まり歌で終わる講演は初めてでした。素敵でした。

・とても感動する講演でした。大変深く学べる内容でもっと聴きたかったです。

・とてもわかりやすく実用性があるので,続けて市場先生に来ていただきたいです。ロールプレイなども含めての講座をしてほしい。いろいろな角度からの先生の思いを聞かせていただきたいです。

・親プロで「切手のない贈り物」を歌いたいです。

・価値観の枠をはずすことの重要性を感じた。

・自尊感情を育むことの大切さを実感しました。加害者対応に関してのプログラムに深くかんがえさせられました。