ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平和非核都市福山

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月6日更新

平和非核都市福山宣言

 恒久平和を実現することは,人類共通の願いである。
 この崇高な目標の達成なくして,福山市が目指す活力と潤いに満ちた心のふれあう都市づくりの実現も,またあり得ない。
 しかるに,今日の世界情勢は緊張の度を加えつつあり,世界平和と人類の生存に大きな脅威をもたらしていることは憂慮にたえない。
 福山市民は,生命の尊厳を深く認識し,非核三原則が完全に実施されることを願うとともに,核武装の廃絶を全世界に強く訴え,恒久平和を求め,ここに,平和非核都市の宣言をする。
 1984年(昭和59年)12月17日

                                          福  山  市  

  

日本非核宣言自治体協議会

  この協議会は,非人道的核兵器の使用が,人類と地球の破壊の危機をもたらすことにかんがみ,生命の尊厳を保ち,人間らしく生活できる真の平和実現に貢献するため,全国の自治体さらには,全世界のすべての自治体に核兵器廃絶,平和宣言を呼びかけるとともに,非核都市宣言を実施した自治体間の協力体制を確立することを目的としています。
  福山市は,1986年(昭和61年)に加盟しました。

  → リンク先 

 

平和首長会議  

  世界の都市が緊密な連携を築くことによって,核兵器廃絶の市民意識を国際的な規模で喚起し,核兵器廃絶を実現させるとともに,人類の共存を脅かす飢餓,貧困,難民,人権などの諸問題の解決,さらには環境保護のために努力することによって世界恒久平和の実現に貢献することを目的としています。
  福山市は,2008年(平成20年)に加盟しました。

  → リンク先

 

ヒバクシャ国際署名

  加盟する平和首長会議では,「幅広い層の市民の平和意識の啓発」を目的として「『ヒバクシャ国際署名』と連携した『核兵器禁止条約』の早期締結を求める署名活動」を展開しています。

 → リンク先