ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 人権平和資料館 > ふくやまピース・ナビ事業『親子de戦時下の食事体験~厚生団子とすいとん~』を開催しました

本文

ふくやまピース・ナビ事業『親子de戦時下の食事体験~厚生団子とすいとん~』を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月12日更新

ふくやまピース・ナビ事業『親子de戦時下の食事体験~厚生団子とすいとん~』を開催しました!

と    き : 2016年(平成28年)11月20日(日曜日)9時~12時30分

と こ ろ  : 福山市霞公民館 実習室

指  導  :   森近 静子(霞学区在住)

経  過   : 

 「ふくやまピース・ナビ」は,人権平和資料館を拠点に活動するボランティアグループとして,2014年度に発足しました。2015年度は,霞学区で5月に開催した「福山が燃えた日」をテーマとしたリレートークを皮切りに,DVD「福山が燃えた日」,戦後・福山空襲70周年記念誌「福山が燃えた日」の発行など,戦争体験の継承事業に取り組んできました。そして,2016年度当初,「Piece for Peace~戦争の記憶を繋ぐ」と題した証言集を発行しました。これにより,資料づくりはひと段落したと考えています。

 2016年度の事業として,まず,初めて「折り鶴プロジェクト」に取り組みました。これは,8月8日の「市民平和のつどい」に小中学生,高校生が「ひとり一羽」事業として折り鶴を折ることにならったもので,広く市民の方を対象に呼びかけたところ,市内外から,合わせて2万羽もの折り鶴が集まりました。この折り鶴は,「原爆・福山戦災死没者慰霊式」において献納しました。

 今回の「戦時下の食事体験~厚生団子」ですが,「厚生団子」は福山地方,しかも市の中心部でしか味わえなかった食べ物だということで,なかなかレシピや味を知っている人に出会えませんでした。最初は,「厚生団子」という漢字すらわかりませんでしたが,「続福山空襲の記録」の中に一か所,「厚生団子」という文字を発見しました。

 そこで,2015年5月の霞幼稚園での「福山が燃えた日」の証言の会で,「厚生団子」を紹介いただいた森近静子さんから材料等をお伺いし,10月,森近さんと「ナビ」のメンバーで味を再現してみました。 「厚生団子」は,サツマイモの蔓(つる)と葉を使うため,秋の実施になったのですが,食してみると,ツルンとしてほんのりと甘みがあり,意外にもおいしい食べ物でした。


  さて,11月20日の本番,集まったのは,小学校4年生の男児とお母さん,「ふくやまピース・ラボ」の中学生と高校生一人ずつ,そして公民館のみなさんでした。新聞社の取材もあり,緊張感の中に和気あいあいと事業は進みました。

 以下,事業の模様やレシピ等を紹介します。

◇  スタッフ集合

10時30分からのスタートに,スタッフは9時集合で下ごしらえを始めます。

会場は,霞公民館の実習室。霞学区のみなさまには,2015年5月の「福山が燃えた日」からずっとお世話になっています。

したごしらえ

 サツマイモの葉と蔓をすり潰します。戦時中,ここまで手をかけていたかは不明ですが…。 

すりつぶし1 すりつぶし2

左は,小麦粉少々と米ぬかを混ぜあわせたもの。それをすり潰した「葉と蔓」によく混ぜあわせます。

小麦粉と米ぬかを混ぜ合わせたもの すり潰したものと混ぜ合わせる

 

◇   厚生団子づくりスタート。でも,最初は,戦時中の食べ物クイズです。

 手に持っているのは,お米1合。さて,家族4人,このご飯だけでお腹一杯になるには,どんな工夫をしますか?(そのほかのクイズもやってみてください。)

戦時中の食べ物クイズ1 戦時中の食べ物クイズ2

 

◇  さて,軽く塩味をつけ,ゆであがったら,厚生団子のできあがり。 

 塩味をつけゆでれば完成! 完成です!

  

 ◇  当日の新聞記事です。(山陽新聞(左)/毎日新聞(右))

山陽新聞 毎日新聞


 〔1〕更生団子の作り方

    【材料】(20個分)

小麦粉 100g  / 米糠 100g / さつま芋の蔓・葉(湯がいたもの)  各120g  / 塩 少々 / 水100cc / コーティング用の小麦粉 適量

    【手順】

     (1) さつま芋の蔓と葉を細かくきざむ。

     (2) 小麦粉と米糠をまんべんなく混ぜ合わせる。

     (3) 水に塩を加えてよく溶かす

     (4) (2)に(3)を少しずつ加えてよく混ぜ、生地がまとまってきたら(1)を入れて、よくこねる。

     (5) (4)の生地を小さく丸めて団子を作り、まわりに小麦粉をまぶす。

     (6) 鍋に湯を沸かし、沸騰しないうちに団子を入れて湯がき、茹で上がったら鍋からすくい上げて皿に盛る。

 

 〔2〕すいとんの作り方

    【材料】(3人分)

        小麦粉 150g / 水 約100cc / 塩 少々 / 野菜 少々(皮や切れ端) / 水 750cc

    【手順】

     (1) 小麦粉に水を少しづつ加えてよく混ぜ、耳たぶぐらいの硬さによく練って、20~30分置いておく。

     (2) 野菜を食べやすく切って鍋に入れ、水750ccを加えて柔らかく煮る。

     (3) (1)を同じ大きさに小さく丸め、手のひらで押して薄くのばし、沸騰した(2)の鍋に入れてよく煮る。(手をぬらして、丸めたりのばすとやりやすい。)

     (4) すいとんによく火が通ったら、塩で味付けをして、かき混ぜ火を止める。

 

 〔3〕現代版すいとんの作り方

    【材料】(1人分)

        小麦粉 50g / 水 約35cc / 塩 少々 / 醤油 少々 / 野菜 適量 / 出し汁 250cc

    【手順】

     (1) 人数分の小麦粉に水を少しづつ加えてよく混ぜ、耳たぶぐらいの硬さによく練って、20~30分置いておく。

     (2) 人数分の出し汁に野菜を食べやすく切って入れ、柔らかく煮る。

     (3) (1)を同じ大きさに小さく丸め、手のひらで押して薄くのばし、沸騰した(2)の鍋に入れてよく煮る。(手をぬらして、丸めたりのばすとやりやすい。)

     (4) すいとんによく火が通ったら、塩・醤油で味付けをして、かき混ぜ火を止める。


戦中・戦後の暮らしクイズ

 (1)ここに1合のお米があります。これを炊くと、お茶碗に軽く2杯分です。

    家族4人でこのご飯だけで、夕ご飯を食べます。おかずは梅干しのみ。

    お腹いっぱいになるようにするには、あなたならどんな工夫をしますか?

 (2)戦時中は、牛肉・豚肉・鶏肉、海の魚、卵などが、ほとんど食べられませんでした。

    主に肉や魚・卵の代わりに、どんなものを食べていたのでしょうか?

 (3)これは、戦時中の家の中を再現した写真です。

    (1)一升瓶に棒がさしてありますが、なにに使うのでしょうか?

    (2)窓ガラスに細く切った紙が貼ってありますが、どうしてでしょうか?

 (4)みんなも毎日食べている学校給食は、戦争が終わって2年後から始まりました。

    初めの頃の献立は、なんだったでしょうか?

                                         以上 5問