ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 人権平和資料館 > 人権平和資料館案内 常設展示案内 展示室1(平和部門)

本文

人権平和資料館案内 常設展示案内 展示室1(平和部門)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

福山空襲の実相と戦時下のくらし

人権平和へのあゆみ

 世界人権宣言  平和非核都市福山宣言

福山空襲の実相

 被災状況  予告された空襲  アメリカ軍資料に見る福山空襲  B29  もう一つの福山空襲  実物焼夷弾  福山空襲の写真  被災地図  市民の描いた福山空襲の絵  福山市戦災死没者慰霊の像

戦時下のくらしと教育

しのびよる飢えと欠乏  少年飛行兵  軍事教練  女子勤労挺身隊  戦時下の学校生活  集団疎開の子どもたち

再びくり返すまいこのあやまち

平和を求めて 戦争のない平和なくらし 世界平和へ

母子三人像

福山市戦災死没者慰霊の像(母子三人像)の画像です。
 8月9日の朝、火照るような暑い市中に入り、住吉町の水田の中に、母子3人の焼死体を見つけました。 母親はよつん這いになり、胸にすがりついた赤ちやんを片手でしっかり抱きよせ、まるで乳を飲ませているようなかっこうでした。  そして、その母親の後ろ足を6才くらいの子が両手でしっかりつかまえて、ひざまずいていました。  着物などは焼けてしまって、遺体はまるでろう人形のようでした。 水田の中に入っていれば、水があるので助かると思ったのでしょうが、稲は焼け、水は枯れて母子はむし焼きになってしまったのです。       荒木計三:談