ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 介護保険課 > 福祉用具購入費の支給

本文

福祉用具購入費の支給

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

福祉用具購入費の支給について

居宅要介護(要支援)者が,指定福祉用具販売事業所から福祉用具を購入した場合は,申請により福祉用具購入費を支給します。

1 支給対象となる福祉用具の種目

(1)腰掛便座
 ・据置便座(和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの)
 ・補高便座(洋式便器の上に置いて高さを補うもの)
 ・ポータブルトイレ(水洗機能付きの場合,設置費用は対象外)
(2)自動排泄処理装置の交換可能部品
(3)入浴補助用具
 ・入浴用椅子
 ・浴槽用手すり
 ・浴槽内椅子
 ・入浴台(浴槽の縁にかけて利用する台)
 ・浴室内すのこ
 ・浴槽内すのこ
 ・入浴用介助ベルト
(4)簡易浴槽(空気式又は折りたたみ式等で容易に移動できるもの)
(5)移動用リフトのつり具の部分

2 支給額

対象購入費の9割~7割

3 支給限度基準額

1年間(4月1日~翌年3月31日)につき10万円

4 留意事項

(1)都道府県(指定都市・中核市)の指定を受けた福祉用具販売事業所において購入した場合のみ,支給対象となります。
(2)次の場合を除き,同一種目につき1回のみの支給となります。
 ・用途及び機能が著しく異なる場合
 ・破損や要介護状態の変化などの特別の事情がある場合

5 申請に必要なもの

(1)介護保険居宅介護(介護予防)福祉用具購入費支給申請書 [PDF/214KB] [Excel/50KB] (記入例:[PDF/324KB]
(2)福祉用具のパンフレットの写しなど(福祉用具の概要が分かるもの)
(3)領収証(被保険者本人名義の原本) ※申請の受付後に返却します。
(4)印鑑
(5)被保険者本人の振込口座が分かるもの 
 ※やむを得ず被保険者本人以外の方を振込先名義人とする場合は,被保険者本人との続柄が確認できる書類(戸籍抄本の写しなど)が必要です。

6 受付窓口

申請は,介護保険課・松永保健福祉課・北部保健福祉課・東部保健福祉課・神辺保健福祉課・新市支所(保健福祉担当)・沼隈支所(保健福祉担当)の窓口で行うことができます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)