ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 介護保険課 > 高額介護(介護予防)サービス費及び高額介護予防・生活支援サービス費の支給

本文

高額介護(介護予防)サービス費及び高額介護予防・生活支援サービス費の支給

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月1日更新

高額介護(介護予防)サービス費及び高額介護予防・生活支援サービス費の支給について

要介護(要支援)認定者又は介護予防・生活支援サービス事業対象者が1か月に支払った利用者負担額(1割又は2割負担分)が,一定の上限額を超えたときは,その超えた額を申請により支給します。

1 対象者及び上限額

区分

対 象 者

上限額(月額)

個人

世帯※1

第1段階

・生活保護の被保護者

15,000円

・境界層措置該当者(本来の負担段階では生活保護を必要とするが,より低い段階を適用すれば生活保護が必要とならない人。以下同じ。) 

15,000円

・市町村民税世帯非課税者であって,老齢福祉年金受給者

24,600円

第2段階

・市町村民税世帯非課税者であって,公的年金等(税法上課税対象とならない遺族年金,障がい年金等を含みません。)の収入金額と合計所得金額の合計が80万円以下の人
・境界層措置該当者

第3段階

・市町村民税世帯非課税者であって,第1・2段階以外の人
・境界層措置該当者

24,600円

第4段階

・市町村民税世帯課税者で同一世帯の第1号被保険者の課税所得が145万円未満の人
・市町村民税世帯課税者で同一世帯の第1号被保険者の課税所得が145万円以上で,同一世帯の第1号被保険者の収入の合計が520万円未満(1人の場合は383万円未満)の人(別途基準収入額適用申請※2が必要です。)

37,200円
※3

37,200円
※3

第5段階

・上記のいずれにも該当しない人

44,400円

44,400円

※1 同一世帯に複数のサービス利用者がいる場合,それぞれの利用者負担額を合計して,世帯の上限額を超えたとき,その超えた額を支給します。(世帯合算)
※2 基準収入額適用申請をされた翌月から第4段階となります。
※3 制度改正により,2017年(平成29年)8月から第4段階の負担上限額(月額)が37,200円から44,400円に変わります。ただし,同一世帯の全ての第1号被保険者の自己負担割合が1割である場合は,8月から3年間に限り,年間の自己負担額の合計に対し446,400円(37,200円×12カ月)の上限額が設定されます。
 
 負担上限額の見直しに関するリーフレット(厚生労働省) [PDF/324KB]

2 支給対象とならない利用者負担額

・(介護予防)福祉用具購入費
・(介護予防)住宅改修費
・介護予防・生活支援サービスのうち,指定事業者による介護予防訪問介護相当サービス,介護予防通所介護相当サービス,基準緩和型訪問サービス及び基準緩和型通所サービスを除くサービス
・支給限度基準額を超えた場合の利用者負担額(全額自己負担分)
・食費・居住費(滞在費)
・理美容代,おむつ代その他の日常生活費

3 介護保険高額介護(介護予防)サービス費支給申請及び高額介護予防・生活支援サービス費支給申請

(1)申請に必要なもの
 ・介護保険高額介護(介護予防)サービス費支給申請書兼高額介護予防・生活支援サービス費支給申請書 [PDF/71KB] [Excel/19KB] (記入例:[PDF/116KB]
 ・印鑑
 ・振込口座が分かるもの ※原則,被保険者本人の口座としてください。
 ・【やむを得ず被保険者本人以外の人を振込先名義人とする場合】
   被保険者本人との続柄が確認できる書類(戸籍抄本の写しなど)

(2)留意事項
 ・申請は,被保険者ごとに1回のみですが,振込口座を変更する場合は,その都度,変更申請してください。
 ・同一世帯に複数のサービス利用者がいる場合,世帯合算を行うために全利用者分の申請が必要となります。
 ・サービス利用月の翌月1日より,高額介護(介護予防)サービス費については2年,高額介護予防・生活支援サービス費については5年で,時効により支給を受ける権利がなくなります。

4 介護保険基準収入額適用申請

(1)申請に必要なもの
 ・介護保険基準収入額適用申請書 [PDF/81KB] [Excel/25KB] (記入例:[PDF/116KB]
 ・印鑑(対象者全員のもの)
 ・収入額が確認できる書類(源泉徴収票,確定申告書の写しなど)

(2)留意事項
 ・介護保険基準収入額適用の有効期間は,適用となった月から翌年7月31日まで(適用開始月が1月から7月までの場合は,当年7月31日まで)となります。8月以降も引き続き適用を受けようとする場合は,再度申請が必要となります。
 ・同一世帯に複数のサービス利用者がいる場合は,一枚に併記して申請してください。
 ・高額介護(介護予防)サービス費及び高額介護予防・生活支援サービス費の支給を受ける場合は,別途「介護保険高額介護(介護予防)サービス費支給申請書兼高額介護予防・生活支援サービス費支給申請書」の提出が必要です。

5 受付窓口

申請は,介護保険課・高齢者支援課・松永保健福祉課・北部保健福祉課・東部保健福祉課・神辺保健福祉課・新市支所(保健福祉担当)・沼隈支所(保健福祉担当)の窓口で行うことができます。

6 お問い合わせ先

○介護保険サービスについて            介護保険課      084-928-1166
○介護予防・日常生活支援サービスについて   高齢者支援課    084-928-1189                                    

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)