ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 観光課 > 福山城散策 歴史と文化の香りコース

本文

福山城散策 歴史と文化の香りコース

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月24日更新

福山城散策 歴史と文化の香りコース

福山城散策 歴史と文化の香りコース写真

全国的に珍しい駅近のロケーションから,築城400年を迎える福山城を中心にお散歩気分で文化と歴史探訪を楽しめます。

 

START

福山駅観光案内所

案内所

↓福山駅北口(福山城口)から徒歩5分

1:筋鉄御門

筋鉄御門写真

入母屋造り,本瓦葺,脇戸付,櫓門,福山城本丸の正門で福山築城に際して,伏見城から移建したものといわれています。柱の角に筋鉄を施し,扉に数十本の筋金をうちつけているためその名が生まれたものです。左に渡櫓,右に多門を連接させたもので,後代の桝型多門の型をとらせない初期様式のものです。

​ ↓徒歩5分

2:福山城天守

福山城天守閣写真

福山城の城郭は南面し,天守は本丸の北隅に位置しています。五重六階地下一階,別に二重三階の付櫓をもつ複合天守で,外見は六重のようにみえ,一重目の南北面と二重目の東西面は比翼入母屋,その他の各層には千鳥破風や唐破風を設けています。城号は敵追山(鉄覆山)朱雀院久松城といい,別名を葦陽城ともいいます。
現在は福山城博物館として,福山を中心とした歴史と文化を物語る資料の展示をおこない,社会教育の文化センターとしての役割をはたしています。

↓徒歩5分

3:福寿会館

福寿会館写真

福山城天守の北東に位置し,本館・洋館・南茶室などで構成され,建物は国の登録有形文化財になっています。また,現在は貸会場として利用されています。

↓徒歩10分

4:ふくやま文学館

ふくやま文学館写真

福山市出身の小説家・井伏鱒二を中心に,郷土ゆかりの文学者の足跡をたどり顕彰する施設です。作品の原稿や愛用品の展示,それぞれの業績・略歴・主な作品などを資料や映像で紹介しています。

↓徒歩5分

5:ふくやま美術館

ふくやま美術館写真

福山城公園と連携する都市型・公園型美術館。20世紀ヨーロッパの美術,郷土ゆかりの作家の作品などを展示しています。

↓徒歩2分

GOAL

ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)

ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)写真

中世の港町「草戸千軒町遺跡」を中心に瀬戸内の歴史と文化に焦点を当てた活動を行っています。