ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 担当部署で探す > 健康推進課 > 【第49回】健康づくりNewsletter

本文

【第49回】健康づくりNewsletter

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月21日更新

乳幼児期の子どもの健康について

●親子で生活習慣を改善しよう!

 大人が健康的な生活をすることで、子どもの生活習慣も健康的になります。生活習慣を整えるためのポイントは次の4点です。

(1)朝の光をしっかり浴びましょう。

 人の体内時計は1日25時間です。しかし,朝の光を浴びることで,24時間のサイクルに調整され,すっきり起きることができます。

(2)朝ごはんを決まった時間に食べましょう。

 朝ごはんを食べ,脳や体に必要な栄養素を補充することで、頭や体の働きが活発になります。

(3)朝にトイレに座る時間を作りましょう。

 朝の決まった時間にトイレに座ることで、排便リズムにスイッチが入り、便秘の解消に繋がります。

(4)テレビやDVD・スマホなどのメディアは時間を決めて視聴しましょう。

 メディアの画面を長時間見ていると,子どもの心の発育に影響があると言われています。子どもと一緒に自然に触れ,季節を感じ,メディアに頼らない子育てをしていきましょう。

 

●乳幼児健診を受けましょう

 ・4か月児健診と乳児健診は医療機関で受診しましょう。受診するときは母子健康手帳(親子健康手帳)を持参してください。

・1歳6か月,3歳は子どもの成長発達において大切な節目です。1歳6か月児健康診査は1歳7か月~8か月頃に,3歳児健康診査は3歳1か月~2か月頃に集団健診で受けていただくように個別通知をしています。通知が届いたら必ず受けましょう。※転入などで福山市の受診票がない人や個人通知が届かない人は連絡してください。

 

●予防接種を受けましょう

 かかりつけの小児科の先生と相談しながら受けましょう。接種時には,必ず母子健康手帳(親子健康手帳)を持参してください。